学習効果を高める方法~学びの5段階で自分のレベルを確認しよう

成長

学ぶ目的って何?

自分だけ知っていて、自分だけできていれば、いいのでしょうか?

「学ぶ」ことは、とてもいいこと。

でも、学ぶ目的が明確になっていると、もっといいですよね。

 

学びには、「5段階」あると言われています。

学びの五段階

 

自分がどこの段階にいるのか、どこを目指したいのか、日々確認をしてみましょう。

 

それ、知ってる~!
でも、知ってるだけじゃあねぇ……

 

知ってるだけでは、大人の学びとしては物足りない。

では、その上の段階とは……?

1・2 知る・わかる

学んだり経験したりする理由は、まず「知りたい」「わかるようになりたい」からですね。

「知らない」「わからない」状態にストレスを感じ、そこを解決するために学ぶという段階です。

「知りたい」という好奇心もあります。

つまり「学び」とは、ストレスや好奇心から生まれるものとも言えます。

 

知る・わかるの裏側には、「ストレス」「悩み」「好奇心」があるのだ

 

どんなストレスがあるのか

どんな悩みがあるのか

なぜ好奇心をもったのか

 

自分の動機をチェックしてみるだけでも、モチベーションや学び方が変わるかもしれませんね。

 

でも、知っているだけでは満足できないもの。

次は「試してみたい」「できるようになりたい」という欲求がわいてきます。

それが次の段階。

3・4 おこなう・できる

理論は知っている・本で学んだ。

でも実際に「できる」かどうかは別問題。

「できる」ようになって初めて、「身についた」と胸を張って言えますよね。

いざやってみると、「全然できない」「実は何もわかってなかった」という現実にぶつかることもよくあること。

知ったあとは、「できる」のかどうか、つまり自分の生活に応用できるかどうかが課題になってきます。

 

応用は、「おきかえ」とも言われます。

 

理論だけ学んで自己満足で終わらせるのではなく、応用してみる

すべてを鵜呑みにするのではなく、自分におきかえる

 

「知る・わかる」から、「おこなう・できる」に変化するためには、壁を乗り越える必要があります。

それは……

 

実践の壁

 

 

この壁を乗り越えるには、自分で「咀嚼(そしゃく)する」「腑に落とす」ということがポイントになります。

 

やった! できるようになった!

 

でも、自分はできるけれど、人に「伝える」ことは難しいですね。

それが次の、「わかちあう」段階です。

5 わかちあう

理論は知っている・自分でも応用できる、ではその次は……?

 

「わかちあう」こと

 

つまり

 

人のために使うこと

 

わかちあうというと難しいですが、次のように言い換えてみるとシンプルになります。

 

自分の言葉で伝えられるかどうか

 

「知っている」段階では、学んだことを学んだ通りに伝えるレベル。

「できる」段階では、自分はできる・他者には伝えられないレベル。

「わかちあう」段階とは、「人のために」「伝えられる」というレベルです。

 

わかちあってこそ「仕事」が生まれます。

わかちあってこそ「感謝」が生まれます。

自分の言葉で伝え始めると、価値が生まれるのです。

 

「おこなう・できる」から、「わかちあう」に変化するためには、壁を乗り越える必要があります。

それは……

 

自我の壁

 

最終的な学ぶ目的は「わかちあうため」。

ここを目指したい。

そのためには、「自分だけでいい」という「自我」の壁を乗り越えねばなりません。

 

自分に問いかけてみましょう。

どこを目指したいのか?

まとめ

学びの5段階とは……

知る→わかる→おこなう→できる→わかちあう

 

どうせなら「わかちあう」レベルを目指してみたい。

 

自分の言葉で語ってみよう!

 

自分の言葉で語り始めると、価値として光っていきます。

誰かの言葉ではない、自分の言葉として語れるようになりたいですね。

 

ということで。

 

memo
「知りたい」だけでもいいけれど、どうせなら「わかちあい」を目指そう。

そうすると、「学び」が「価値」に変わる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です