ロジカルに話すための唯一の方法

ロジカルシンキング

「ロジカル」なんて忘れてしまおう!

 

どうすればうまく話せるようになるかというと……

 

「ロジカル」なんていう概念は捨ててしまうのだ

 

実は、これが一番、効果的。

なぜなら、人は本来、頭がいいからです。

あまりにも困ったら、「理由は3つ」で対処する。

これだけで十分。

本来、誰もが頭がいい

誰もが自分の話をできるし、人の話も聞ける

人に話すのが苦手。人の話を聞くのが苦手。

そう感じている人は多いと思います。

 

でもそれは、実は幻想であり、妄想。

本来、誰もが自分の話をできるし、人の話も聞けるのです。

そして、誰もが頭がいい。

 

その証拠に、生まれたばかりの赤ちゃんは、全力で泣いていますよね。

赤ちゃんにとっての「泣く」は、大人にとっての「話す」と同じこと。

誰にも遠慮せず、自分のありったけの思いを、「泣き声」で表現しています。

「自信がない」とも思っていないはず。

 

だから、「話すのが苦手」「自信がない」「自分は頭が悪い」という思いは、後天的なものなのです。

「話せない」という人ほど、話し始めると止まらない

「自分は内向的で、人と話すのが苦手」という人と話すことがよくあります。

また、「自分は特に何もありません」という人や、「話したくないんです」という人もいます。

ただし、そういう人に限って、話し始めると話が止まらなくなったりします。

ずっと聞き続けなくてはならないほどに。

 

そんなときに思います。

「話せない」「話したくない」というのは勘違いで、人は誰もが話したいのだな、と。

本当は、話したいことがたくさん頭の中に詰まっているのです。

「聞けない」という人ほど、聞き続けている

人の話だって聞けるはずなのです。

なぜなら、好奇心があるから。思いやりもあるから。

 

私自身、「人の話が聞けない」ことでずいぶん悩んできたのですが、思い返してみれば、幼少の頃は、やはり聞いていました。

 

泣いている人がいれば、「なぜ泣いているの?」

親や兄弟にも、「何か困ってない?」

 

「どうしてそう思ったの?」ということを、好奇心たっぷりに、ときには思いやりたっぷりに、聞いていたように思います。

 

でも、聞いても否定されてしまった。無視されてしまった。

そのような苦い経験が、だんだんと、相手から話しかけてきても「聞かない」という行動を促すようになったのだろうと感じます。

 

本当は、人の話を「聞きたい」と思っている。

「聞けない」という人ほど、願っているものですね。

もしかしたら、「聞けない」と言うことで、自分の切ない思いを主張しているのかもしれません。

「論理的」「ロジカル」という言葉は有害でしかない

巷でよく聞く、「ロジカルに話そう」という言葉。

実はこれ、有害でしかないそうです。

なぜなら、日本人にはそもそも「ロジカル」なんて無理な話だから。

日本語の言語体系からして、まったくもってロジカルじゃないですよね。

「結論から先に言う」という意識も、元々なかったはずです。

日本人の誰もがロジカルではないのに、「ロジカルに話せない人はダメ」と蔑視すること自体、おかしいですね。

だから、何も気にせずに話したほうがいい。

「自然体」ということです。

 

例えて言えば、歩く時に、手の動きと足の動きに集中したら、かえってぎこちなくなるようなもの。

「右足を前に出すと同時に、右手を後ろへ」などと考えながら歩くと、途中で必ず調子が狂うはずです。

それよりも、「一歩前へ」と考えるだけで、足も手も、自然に動いてくれます。

 

言葉も同じ。

 

「ロジカルに話さなきゃ」と思った時点で、頭が緊張し、かえって空回りしてしまうのです。

 

だから、「論理的」「ロジカル」という言葉はいったん忘れて、「わかりやすく話そう」と考えるだけでいい。

そうすれば結果的に、「ロジカル」になるのです。

 

人間は誰もが、頭がいいのです。

手と足の動きをいちいち考えなくても、歩けるように。

「話がわかりにくい」のは、そう思わされているだけにすぎない

ではなぜ、自分は「話がわかりにくい」と思ってしまうのでしょうか。

 

それは、「苦手」だからではありません。

「そう言われた」からです。

 

「何が言いたいの?」
「黙ってなさい」
「ロジカルに話しなさい」

 

そう言われると、萎縮してしまい、ますます話せなくなります。

言ってる本人も、自分の話をじっくりと聞いてもらえなかったせいで、ストレスを吐き出しているだけです。

自分が言われたことと同じことを、他人にも言ってしまう。

これは誰もが、気をつけなければならないことですね。

 

「ロジカル」を手放してしまったほうが、よっぽど相手のためになります。

「ロジカルに話せ」は、ただの「ケチ」

「ロジカルに話せ」「わかりやすく話せ」は、ただの「ケチ」にすぎません。

そう思って、逃げるかスルーするか。

真面目に受け止める必要はないのです。

何にでもケチをつけてくる人の特徴とは

何にでも「ケチ」をつける人の特徴とは、こうです。

  • 心が貧しい
  • いじけてる
  • トラウマがある
  • 悲しい、残念な人
  • ただ文句を言いたいだけ
  • 相手は誰でもいい、とにかく「ケチ」をつけたい
  • ストレスのはけ口を探している
  • 自信がない
  • 自己肯定感がない

 

つまりは、ケチをつけられる側のせいではありません。

どこまでも、ケチをつける側のストレスの問題ですね。

だから、「ロジカルに話せ」とか、「わかりやすく話せ」とか言われたら、スルーしていいし、逃げていいのです。

ケチをつけてくる人からは、「逃げる」か「スルーする」

我慢して聞いていても、相手をいい気分にさせるだけであり、ますますケチをつけてきます。

 

だから、逃げてしまいましょう。

 

できるだけ、さりげなく逃げる

 

前面から逃げるのではなく、さりげなく逃げることがポイントです。

うまいこと、その場から離れましょう。

「無視する」というよりも、うまく「かわす」というイメージです。

「雨が降ってきたら傘をさす」ように。自然に。

相手は正しいことを言っているのかも?見極めは?

そうは言っても、相手が正しいのかもしれない。

やっぱり自分が悪いのかも……?

そう思う気持ちもありますよね。

 

ここでの見極めポイントは……

 

自分が「イヤだ」と感じたら、すべて「ケチ」

 

自分の心を信じて進みましょう。

たしかに、善意の場合もあります。

ただし、こちらに受け止めるキャパがないなら、仕方のないことです。

 

小学生に、「なぜ大学生と同じようにできないんだ?」と怒るようなもの。

やはり、怒るほうが悪いですね。

自分が「ケチ」をつける側だったら……?

自分が「ケチ」をつける側だと自覚しているなら、一刻も早く、克服していきましょう。

誰のためにもなりません。

自分に自信を取り戻そう

「ケチ」をつけたくなるのは、「自分に自信がない」からです。

「なぜ自分は自信がもてないのか?」をよくよく見つめ、解消するべく努力を始めることです。

「結論から言って」「わかりやすく言って」はNGだと知ろう

根気強く、聞くしかありません。

たとえ相手が、とりとめもなく話を続けたとしても……。

あまりにもイライラしてしまったら、何も言わずに、そっと離れるのがいいでしょう。

「ケチ」をつけても、いいことは何もないのです。

「イライラせずに聞こう」と思うと、ますますイライラするだけなので、いったん距離を置いて、心を落ち着けたほうがいいですね。

「理由を3つ」、答えられるようにしておく

どうしても話が苦手な人のための、簡単な方法!

 

それは……

 

「理由を3つ」用意しておくこと

 

理由は3つあります。第一に……。第二に……。第三に……。

 

これだけで、立派にロジカルに聞こえます。

内容はともかく、すごいことを言っているように聞こえるので、きっと相手も「ケチ」はつけてきません。

 

困ったときは、「理由は3つ」でうまくいきます。

まとめ

人は皆、話はできるし、話は聞けます。

他人からの評価によって、自信を失っているだけにすぎません。

だから、まずは自信を取り戻しましょう。

そして、「ロジカル」という言葉は忘れて、自然に話してみれば、あまり考えなくてもわかりやすくなります。

あまりにも困ったときは、「理由は3つ」で対処!

本来の気持ちを大事にするほうが、よっぽど頭はやわらかくなりますね。

 

ということで。

 

memo
「ロジカル」じゃなくてもいい

理由が3つあれば、十分!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です