勉強は何のため?やっぱり知識は貯めておこう【自分の意見を持つために】

勉強

「素直に教わろう」と言われたり、「鵜呑みにするな」と言われたり。

人は、いろいろなことを言う。

混乱したあげくに、勉強することがイヤになってしまうこともある。

一体、どうしたら自分の意見が持てるのか?

 

人と話すのがイヤになるのも。

勉強・読書がイヤになるのも。

混乱して、わけがわからなくなるから。

 

いろいろ言われると、何も考えたくなくなる。

自分の意見が、どんどん、わからなくなりますよね。

 

私自身、器量が悪いせいで、学生時代にはパニックになり、人と話すことも、勉強することも放棄してしまいました。

自分のキャパが追いつかなかったのです。

 

でも今になって、知識のなさで苦労している。

だからこそ、若い人に言いたいこと。

やはり、知識は貯めておこう。

自分の意見を育てるために。

 

ある程度の知識がないと、自分の意見は育たないのです。

若いときから、しっかりと知識を貯め、信念を作っておくことが、今後の人生に絶対に役立ちます。

勉強嫌いになるのは、混乱状態に耐えられなくなるから

たくさんの情報・意見の中で、いったい何を信じればいい?

いろいろな本を読んだり。

いろいろな人の話を聞いたりすると。

まぁ、いろいろなことを言われます(笑)

本当に、わけがわからない。

特にネットには、さまざまな情報があふれかえっていて、何を信じていいのかサッパリわからないですよね。

 

特に私が混乱していたのは、次の2種類。

信じろ系

  • 素直に聞け
  • 自分の意見だけで判断するな
  • 疑問を持つな
  • 他人の真似をしろ
  • 否定意見をちゃんと聞け

 

そうか、人の話を素直に聞かないと成長できないんだと思い、必死で自分の中に取り入れようとしていた。

すると、まったく別のこともいわれる。

 

信じるな系

  • 鵜呑みにするな
  • 自分の意見を持て
  • 疑問を持て
  • 他人の真似をするな
  • 否定意見は無視しろ

 

いったい、どっちなんだ?

 

素直に聞くべきか? 鵜呑みにしてはいけないのか?

なるほど、そうか!と思ったあとに、まったく違う意見を聞くと、急に不安になります。

どうしたらいいのか、サッパリわからない。

器量のいい人なら、サッと消化できるのでしょうけど。

キャパが小さいと、頭の中がゴチャゴチャしてしまいますよね。

あげくのはてには、すべてがイヤになってしまう。

 

人と話すのがイヤになるのも。

勉強・読書がイヤになるのも。

頭の中が、パンクしてしまうからでしょう。

内向的な人は、消化するまでに時間がかかる

内向的だとか、コミュニケーション下手だとかいうのは、後づけ理論だと考えます。

ただ頭がパンクして、「これ以上、聞くことができない」という状態なのだろう、と。

いわゆる「内向的」と言われるタイプの人は、ひとつを消化するのに、かなりの時間を要する。

一気にいろいろ取り入れてしまうと、どうしていいか、わからなくなってしまうんですよね。

私自身、ひとつのことを消化するまでに数年かかることも、あります。

学生時代は、あまりにも混乱しすぎてしまい、勉強をあきらめてしまいました。

やはり、知識を貯めることは大切

でも、今になって思うこと。

やはり知識は大事だ、と。

そうじゃなければ、ただでさえ小さいキャパが、どんどんと小さくなってしまいます。

知識を入れる努力をした分だけ、キャパは広がっていく。

これは確実に言えること。

自分の意見は、知識を貯めれば必ず持てる

知識を貯める方法は、2つ

知識を貯める方法は、主に次の2つでしょう。

  1. 人との対話
  2. 読書

 

人好きな人は、人とたくさん話して、たくさんの経験をして、どんどんキャパを広げている感じがしますよね。

そのうえで本を読めば、鬼に金棒なので、うらやましい限りですが。

一方で、一人で本を読むのが好きな人は、著者との対話でキャパを広げればいい。

自分の得意な方法で、やればいいのです。

どんなやり方でもいいから、知識は貯める

私の妹は、勉強も読書も大嫌いなのですが。

コミュニケーションがとても上手で、人と話すことで、学び成長しています。

そんな妹をうらやましく思い、劣等感を抱いたりもしていましたが。

うらやましがっていても仕方ないので、自分は自分のやり方で、やっていくしかないのだと思います。

どんなやり方であったとしても、知識・教養を深めていくのは、やはり大事だと感じます。

注意ポイントは、「混乱状態」を耐えなければならないことです。

最初の混乱状態は、耐えなければならない

何をやるにしても。

何を学ぶにしても。

最初は、やはり大変。

いろいろと混乱します。

いわば大気圏に入った状態。

混乱とパニックを耐えて、大気圏は突破しなければなりません。

たとえ、わからなくても、放棄してはいけないのです。

知識が貯まると、自分の意見が見えてくる

我慢をして、ある程度の知識が貯まってくると、だんだんと自分の意見が見えてくるようになります。

「自分の意見が持てない」のは、大気圏であきらめてしまったから。

 

ツラくても。

情けなくても。

自分がみじめに思えても。

 

大気圏を避けて通ることは、できないのです。

大気圏を突破すれば、宇宙(=自分の意見)に到達する

どんなにツラいと思っても。

大気圏を突破してしまえば、宇宙に到達します。

そのとき初めて、自分の意見が見えてくる。

必ず見えてくるので、なんとか踏ん張ってほしいところ。

自分の意見が見えてきたら、勉強も対話も楽しくなってくる

大気圏を突破し、だんだんと自分の意見が見えてきたら、苦しかった勉強も、人との対話も、楽しくなってきます。

いろいろな話がつながって、自分のなかで、「あ、こういうことか」と腑に落ちてくるから。

自分の意見は、必ず持てるのです。

 

だから、「どうせ自分には、わからない」と、あきらめないで。

楽しくなるまで、続けることが大切。

鵜呑みにするなと言われても、鵜呑みにしてもいい

  • 鵜呑みにするなと言われても、鵜呑みにしてもいい
  • 素直に聞けと言われても、素直に聞かなくてもいい

 

最初はやはり、「言われたとおり」にしか、できないもの。

まずは、できることから、やっていく。

だから、鵜呑みにしかできないなら、鵜呑みでいい。

逆に、素直に聞けないのならば、素直にならなくてもいい。

 

そのときどきによって、自分のキャパは違うから。

他人と同じキャパには、なれないから。

 

ただ、ひとつだけ大事なことは。

何を選ぶにしても、自分で選ぶこと!

自分で選択したなら、間違いはないのです。

正解は、星の数だけある

あれこれ混乱してしまう人は、「正解は一つだけ」と思い込んでいる場合があります。

「一つだけ」だからこそ、「どれなのか?」と迷ってしまう。

だから、「正解は星の数だけあるんだ」と思っておいたほうが、いいです。

そうしないと、いつまでたっても、自分の意見も信念も、育てることができなくなるから。

他人にとっては間違いでも、自分にとって正解なら、それでいい。

だんだんと、いろいろなことに対応できるようになっていきます。

「自分の意見を育てる」意識は、常に持つ

意見を育てるのは、花を育てる感覚で

鵜呑みにしてもいいし、真似をしてもいい。

そのかわり、最終的には、「自分の意見」という花を咲かせるんだという意識は大事です。

今は、「種」だから。

水をやり、肥料をやり、日光に当たり。

あれこれと試すとき。

いつか咲く花を、楽しみにしていれば、いい。

 

自分の意見や信念をしっかり持って生きていけることは、やはり楽しいもの。

「どうせ、わからないから」と、あきらめ、他人の知識に頼り、自分では何も考えないという状態で停滞しているのは、もったいないのです。

喜びも感動も、ありません。

 

自分の意見を育てましょう。

伝わる揺さぶる文章を書く自分の意見を育てるとは【正直な考えで】社会と関わること 哲学哲学って何?【自分の意見で生きるために】まずは当たり前を疑うことから

まとめ

この記事は、私自身の反省点を踏まえて書いています。

勉強も読書もイヤになってしまい、ずっと何もしていなかったので。

 

勉強しようと、思い立ったのは2018年。

それ以前の蓄積がまったくないため、とても苦労します。

知識が皆無だから、最初は、100%鵜呑みにしかできませんでした。

いちいち、振り回されるのです。

 

でも、知識が増えていくにつれ、だんだんと、そのパーセンテージが減っていくのを感じます。

「じゃあ自分はこうしようかな」とひらめく瞬間が、「驚き」になります。

勉強は、「驚き」があるからこそ、楽しい。

 

その時期は、早ければ早いほど、ラク。

特に今は、情報を常に更新していかないと、気づいたときには取り残されてしまう時代。

科学や技術は、驚くほどのスピードで進んでいるから。

早い人は、小学生の頃から積み重ねていますよね。

 

自分の意見を持って生きていくために。

純粋なる「驚き」と出会うために。

 

ぜひ、勉強や読書をとおして、知識を貯めていってほしいと、感じます。

 

というわけで。

 

memo
混乱状態は、大気圏。

大気圏を突破すれば、自由になる。

そのために、勉強や読書は続けていこう。

自分の意見を育てるために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です