【自信よりも大事なものとは】「自信満々」と「自信がない」どっちがいい?

セルフコンパッション

自信にも一長一短。

でも、一長一短を超える、もっと大事なものがある。

自信満々でいると、どうなる?

現実を見れなくなる

セルフコンパッション

気分がよくなる、人に強い印象を与えられるというメリットがある。

でも、傲慢になりやすく、疎外されやすいというデメリットも。

現実を、正確に見ることができなくなるから。

 

現実を見ないと、どうなる?

セルフコンパッション

高慢ちきになって、自己改善を怠ってしまう。

他者からのフィードバックも受け入れられない傾向に。

そうして、現実を、ますます見れなくなっていく。

 

自信がないと、どうなる?

現実を見すぎてしまう

セルフコンパッション

きちんと現実を見れるのは、いいところ。

自分を改善できるし、人に好感も与えられる。

でも、落ち込みやすいというデメリットがある。

 

現実を見すぎてしまうと、どうなる?

セルフコンパッション

現実を見るのは、素晴らしい。

ただし、克服する力のないのが、自信のなさの特徴。

パワーがないから、果てしなく疲れ果ててしまう。

 

自信に執着するのが、問題

「私は素晴らしい」とウソをつき続ける

セルフコンパッション

「自信のある自分でいたい」と思いすぎるから。

自分の価値を証明することに必死になってしまう。

「私は素晴らしい」と、言い続ける。

 

いっそのこと、忘れてしまおう

セルフコンパッション

「自信」そのものを、この際、わすれてしまう。

気にすべきは、自信じゃないから。

 

自信よりも、思いやりを

思いやりがあれば、現状認識も正確にできる

セルフコンパッション

うまくいかないときは、「自分を許す」ことに、心を注げばいい。

「現実を見なきゃいけない」という強迫観念も、「思いやり」は、達成してくれる。

 

自分を許す人は、他者をも思いやれる

セルフコンパッション

自分を許すときと、他者を思いやるときは、同じ脳を使っていることが明らかになっている。

だから、パートナーシップもうまくいく。

幸せな夫婦の共通点は、自分を許せる人々であった。

 

思いやりがあれば幸せになれる

セルフコンパッション

不安感、ウツ、神経症、完ぺき主義、反芻(はんすう)思考。

これらの問題を、思いやりは緩和してくれる。

 

 

関連記事

ハーバードの人生を変える授業自分を責めていては変われない【セルフ・コンパッション】自信をもつより大事なこと 認知バイアス自信をもっちゃいけない【認知バイアス】脳は思い込みだらけ 我慢いい人でいるから自信がなくなる【我慢が諸悪の根源】波風立ててますか? 小さな習慣【自信ない・やる気ない・夢がない】を克服する3つの方法|意志力は鍛えられる 自信がない自分を信じ続けるコツ【自信がない】からの脱出 劣等感見た目に劣等感のある人が【心を軽くする方法】コンプレックスは笑って乗り越えよう|アドラー心理学 マーシャルゴールドスミス変わりたいとき、自信は邪魔になる 劣等感見た目に劣等感のある人が【心を軽くする方法】コンプレックスは笑って乗り越えよう|アドラー心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です