悩みを減らしてヤル気を取り戻す【脳を鍛える3つの秘訣】ほとんどの人は間違ったやり方をしている

人生を変える集中力

脳は、使わないと衰えます。

幸せに生きるためには、脳を活性化させ続けることがポイント。

 

脳が衰えると、どうなる?

  • 忘れっぽくなる
  • ものをなくしやすい
  • 衝動的になる
  • 不注意なミスが増える
  • 気が散る
  • 集中できない
  • やる気がなくなる

 

そんな混乱した思考を整えるには。

意識的に、脳を使うこと。

 

でも、ほとんどの人が、間違ったやり方をしています。

 

脳を使うとは

  • 脳に「刺激」を与えること
  • 脳に「負荷」を与えること

 

ポイントは、意識的に脳を使うこと。

 

さて、どう使ったらいいのでしょうか。

 

参考図書

「ハーバードメディカルスクール式 人生を変える集中力」

 

脳を鍛えるための、ファーストステップ

「やる気がない」という悩みは、間違い

人生を変える集中力

そもそも、「悩み方」自体が間違っている。

 

実は。

「考えられない」「頭が悪い」「集中できない」のは、「悩みではない」のです。

 

本当は。

「不安・悲しみ・怒りに心が奪われている」ことが問題

 

ネガティブ感情のせいで、脳がストップしている。

脳は、使わないと衰えるから。

やる気をなくし、ウツになるのは、「ネガティブ感情によって引き起こされた脳の衰え」のせいなのです。

 

だから。

「不安・悲しみ・怒り」を、いかにコントロールするか。

 

これが、幸せに生きるための第一課題。

 

脳を鍛えるために、まずやること

  1. 「不安・悲しみ・怒り」の引き金をつきとめる
  2. つきとめたら、「やめる」

 

「不安・悲しみ・怒り」の引き金を、「やめる」って?

 

「自分に合わないこと」をやるのは、間違い

人生を変える集中力

ほとんどの場合、こんなことを頑張り続けています。

  • 自分に合わない仕事
  • 自分に合わない人との結婚
  • ムダな人付き合い

 

「環境、仕事、人間関係をどう変えよう?」と悩むべきです。

 

「自分に合わないこと」は、さっさとやめる。

 

POINT
  • 「不安・悲しみ・怒り」の引き金をつきとめる
  • たいていは、「自分に合わないこと」をやり続けている
  • つきとめたら、「やめる」

 

 

そのうえで。

脳を使う3つの方法を実践してみましょう。

  • 脳を衰えさせないためには
    • 脳に「刺激」を与え続ける
    • 脳に「負荷」を与え続ける

 

[嫌いなことをやり続ける]という間違い

【脳への刺激1】注意を向ける

人生を変える集中力

注意とは

反応する・注目するように仕向ける意識

 

たとえば。

「キレイな人に目がいく」のは、「キレイな人」に注意が向いた状態。

 

「注意を向ける」とは、実はすごい作業

  • 脳の機能をたくさん使う
  • 複雑で、「高度な作業」
  • 注意を向けようとするだけで、脳が活性化する

 

「注意」とは、とっても高度な作業。

だから、脳が衰えると、できなくなります。

 

「もの忘れがひどい」「やる気がない」とは、「注意を向ける作業」ができなくなってる状態なのです。

 

わざわざ嫌いなもののために、面倒な作業をしたくない

「注意」とは、高度な作業だから。

「やりたくないこと」には、当然、注意を向けようとしません。

 

つまり。

注意ができなくなる原因は、これ。

  1. 嫌いなもののために注意を向けるのは、面倒
  2. 使わないから、注意力は衰える
  3. 「やりたいこと」さえ、できなくなる

 

嫌いなことをやり続けていると、脳は衰えていくの?

 

だから、「注意」の使い方を、変えましょう。

 

「目的志向型の注意力」を高める

人生を変える集中力

目的志向型の注意力とは
  • 自分の好きなこと・自分の強みに合った目的をもつ
  • その目的に必要なものだけに注意を向ける

 

「好きなこと」で、脳を刺激する

  • 「心から好きなこと」をやる
  • 「自然と集中してしまうこと」をやる

 

当たり前のようですが、ほとんどの人が、できないんです。

なぜなら、「自分の強み」をわかっていないから。

 

言ってみれば。

どうでもいい相手に、「必殺技」を使ってしまうようなもの。

一番使いたいときには、もう武器がない状態。

もったいないですよね。

 

3分の2以上の人は、自分の強みをわかってない

人生を変える集中力

なんと。

3分の2以上も。

つまり、大部分の人が、自分の強みがわかってないのです。

 

ならば。

必死でやっているけれど結果が出ないときは、「自分の強みではない」と判断したほうが早い。

 

「自分の強みをわかってない」ことを自覚しましょう。

 

自分の「注意力」を、どこに使うべきか見きわめる

たくさん試しながら、「これは合わない」というものを、どんどん切り捨てていく。

「飽きっぽい性格」なのではなく、「強みがわからない」のは当たり前なんです。

 

POINT
  • 大部分の人は、自分の強みをわかってない
  • 1つに執着せず、どんどん変えることが必要
  • たくさん試して、どんどん切り捨てる
  • 本当に好きなことだけに、注意を向けるようにしよう

 

[休んだほうがいい・何も考えないほうがいい]という間違い

【脳への刺激2】考える

人生を変える集中力

休むことは逆効果。

むしろ、積極的に考えたほうがいいのです。

 

「考えすぎ」「考えないほうがいい」って、よく言われるけど?

 

「考えない」のではない。

考える角度を、いろいろ変えてみるのがコツ。

 

考えるコツ

  1. 視点を変える
    • 真逆から考えてみる
  2. 立場を変える
    • 相手の視点で考えてみる
  3. 分野を変える
    • まったく関係ないことで、ポジティブな考えをしてみる

 

考えないようにすると、ネガティブになる

人生を変える集中力

考えないと、脳は刺激されないから

「刺激のない生活」、想像してみてください。

一日中、パジャマでいるような感覚。

昼夜も逆転するような。

 

どんどんラクなほうへ、流されますよね。

脳も同じ。

 

脳に刺激を与えないと、こうなる

  • ラクなほうへ行く
  • ネガティブなほうへ行く

 

人は、禁止されると、やりたくなるもの。

だから、「考えちゃダメ」と言われると、考えたくなる。

 

しかも。

無意識にまかせると、ネガティブなことばかり考えます。

 

だから。

「考えちゃダメ」じゃない。

「ポジティブな考えをしてみよう」と、意識する

 

まったく関係ないことで、ポジティブな考えをしてみる

人生を変える集中力

今の悩みについてポジティブに考えようとすると、それは自己否定につながってよくないので。

まったく関係のない分野で。

 

だから、「趣味をもつ」っていうのは、やはり大事ですね。

 

POINT
  • 脳への一番いい刺激は、「思考すること」
  • 「視点」「立場」「分野」を変えて、いろいろ考えてみる

 

ちなみに。

寝る前に落ち込むのは、間違い

1日の締めくくりを散歩かワイン(ただし1杯だけ)で祝えば、その日たまったストレスなど消えてしまう。

 

寝る前は、落ち込むのではなく、むしろ「祝う」ほうがいい

「1日の締めくくりを祝う」という感覚。

 

古代の人がやっていたことです。

  • 1日が終わってよかった
  • 明日も無事に過ごせますように

 

そんな気持ちを大事にしてみましょう。

 

[古いものに執着する]という間違い

【脳への刺激3】新しいことを学ぶ

人生を変える集中力

インプットは、「脳に負荷をかける」作業

特に、「新しいこと」はツラいですよね。

 

だからこそです。

新しいことを学ぶことが、脳の活性化。

 

古いものに執着すると、脳は衰えます。

 

ビジネス好きな人は、脳が活性化している

ビジネスで成功している人は、どんどん新しいことにチャレンジしていますよね。

 

時代の流れを追い、新しい知識と技術を取り入れ、新しいことを試す。

 

まさに、脳を活性化させる一番いい方法。

ビジネスしている人が楽しそうに見えるのは、脳を使っているからです。

 

「お金儲け」よりも、「脳を使う」ことに充実がある

人生を変える集中力

たとえば。

自分が老いたとき、どっちのほうが幸せを感じると思いますか?

  1. お金をたくさん持っていること
  2. 脳が元気なこと

 

私たちは、きっと。

命の保障さえあれば。

「お金を稼ぐ」こと自体に、楽しさを感じてるわけではない。

 

それよりも、いつまでも若々しく、元気でいれたほうが幸せなのではないでしょうか。

 

「仕事が楽しい」とは、脳にたくさん刺激がある状態のことを指すのです。

 

仕事や勉強を「脳を活性化させるツール」と、とらえる

人生を変える集中力

もしも、仕事や勉強に意義を見いだせず、やる気がないのだとしたら。

「脳を使う」ことに意義をおいてみては、いかがでしょう。

 

本当の充実とは

  • お金儲けでもない
  • 承認欲求でもない

 

大きな意義なんてなくても、「脳が若い」ということに、私たちは幸せを感じるのです。

 

POINT
  • 常に新しいことを学び続けていれば、脳は衰えない
  • 仕事や勉強は、「脳のため」と思ってみる

 

ちなみに。

記憶力とは、「記憶を取り出す能力」

脳をうまく使いこなせば、記憶力はよくなります。

 

記憶を取り出すコツ

  1. 寝る直前に覚える
    • 記憶は、睡眠中に強化される
  2. ジックリ1回よりも、小わけにして反復する
    • 小さく何度も
  3. 新しいことを学ぶ
    • 「脳に負荷をかける」ことが大事
    • 脳は、使わないと衰えるから
  4. 手がかりを残す(メモ・写真・音楽など)
    • ダイイング・メッセージのようなもの
    • 意識的に残していく
  5. 散歩する
    • 運動は、やはり効果的

脳を鍛えられない理由

人生を変える集中力

脳は、鍛えれば必ず活性化します。

 

できない理由は、これだけ。

  • 面倒だから、やめてしまう
  • 無理だと思って訓練しない
  • 自分の脳の力を信じてない

 

だから、いつまでたっても、脳は活性化しない。

集中力も記憶力も高まってくれない。

 

面倒だけれども、一歩を踏み出すことから始まります。

筋トレと同じで。

今日も走る。

まとめ

人生を変える集中力

  • 「不安・悲しみ・怒り」のコントロールが第一課題
    • 「やる気がない」という悩みは、間違い
  • 自分に合わないことは「やめる」
    • 頑張り続けることが、間違い
  • 好きなことに「注意を向ける」
    • 嫌いなことを続けているのが、間違い
  • どんどん考える
    • 「考えないほうがいい」は、間違い
  • 新しいことを学び続ける
    • 古いものに執着しているのが、間違い

 

どうでしょうか。

間違いだらけの方法を、続けていませんか。

 

脳を使い続けていれば、充実を感じることができるし。

若々しくいられることで、自己肯定感も上がります。

 

「頑張ること」「お金を稼ぐこと」、それ自体に意義があるのではなく。

 

いつまでも若い。

いつまでも元気。

いつまでも幸せ。

 

それこそ、充実なのではないでしょうか。

 

そのためには。

脳に刺激を与え続けること。

 

意義とか使命とか、なくてもいいから。

とにかく脳を使う。

 

夢や目標がない人は、まずはそこを目標にしても、いいかもしれません。

 

ということで。

 

今日の問いかけ
  • 何に、不安・悲しみ・怒りを感じているのだろう?
  • 嫌いなことを、頑張り続けていないだろうか?
  • 好きなことに、注意を向けているだろうか?
  • 新しいインプット、取り入れているだろうか?

 

関連記事

やる気が出ないが一瞬で消える方法「やる気が出ない」が一瞬で消える方法【無気力】から抜け出すには原因を捨てること ワンシングワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 【最短で成果を出すコツ】大きく考え、小さくしぼりこもう! エッセンシャル思考エッセンシャル思考【優柔不断で悩む人に】おススメの1冊|主体的に生きるコツがわかる メモ書き1日10分【メモ書き効果】ネガティブ感情を解消する科学的にも証明されてる方法|ゼロ秒思考 感情的にならない技術感情的にならない技術【スルースキル】を磨くと「人付き合い」に疲れなくなる 頭のゴミを捨てれば脳は一瞬で目覚める人生が劇的に変わる【3つのゴミ捨てて】新しい自分に大転換 ラッセルの幸福論幸せは「つまらないこと」の中にある【マインドフルネス】の先駆け・ラッセルの幸福論 マコなり社長マコなり社長も認める、「ゼロ秒思考」のメモ書きの効果

 

参考図書

 

19318

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です