痛みと悲しみの真ん中には麻酔が必要【時間薬】直視できないときは、しなくてもいい

父のアイパッド

ローカル線を見ているのが、面白かった時期があった。

でも、しばらくのあいだ、そんな事実を封印していた。

それは、父が亡くなってから。

ローカル線が好きなのも、カメラが好きなのも、すべて父から受け継いだもの。

そのことを本気で自覚したのは、父が亡くなったあとだった。

父のアイパッドを見ていたとき。

出てくる、出てくる、私の写真と似たような写真が。

あわててアイパッドを閉じた。それ以来、開くことができない。

 

押し寄せる後悔

こんなにも似ているのに、なぜ、あんなに離れていたのだろう。

一緒に旅行すればよかったのに。

押し寄せてくる、後悔と自責の念。

このことは、家族の誰にも言っていない。

 

渡良瀬鉄道

無意識のうちに痛みと悲しみから逃げた

母に、「お父さんのアイパッド、あなたが持っていく?」と聞かれたけれど。

「いらない」と答えた。

父が亡くなってから、「なぜか最近、カメラに興味がなくなってきたなぁ」と、思っていたけれど。

きっと無意識のうちに、痛みと悲しみから逃げようとしていたようだ。

やる気が出ないときって、自分では理由がわからない。

わからないけれど、脳のなかではハッキリと、理由というものがあるものだ。

人は誰もが、痛みや悲しみを感じないようにしながら過ごしているのではないだろうか。

自分がわからなくなる理由は、そのためだ。

自覚したほうがいい場合もあるし、自覚しないほうがいい場合もある。

 

痛すぎるから。

 

渡良瀬鉄道

麻酔なしに手術を受けられるほど、人間は強くない

手術の良し悪しではなく、あまりの痛さゆえに、ショック死してしまうこともあるから。

だから、あまりに痛いときは、直視しないほうがいい。

人生にも、麻酔は必要なのだ。

意識したのではなく、ふとした偶然から、以前の写真をひもとくことになった。

だいぶ麻酔が効いてきた証拠なのだろう。

痛みと悲しみは、やはり感じるけれど。

痛みと悲しみの真ん中を突き抜けていく。

頑固さは、父親譲りだった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です