【ブログ】iPhoneの写真投稿のコツ~位置情報の削除と圧縮アプリ

iPhoneで撮った写真は位置情報を削除し、サイズを圧縮しよう。パソコンを使うよりもラクに投稿できます。

 

やっと、iPhoneの写真を投稿するコツがわかりました。

これがわかったら、パソコンから投稿するよりラクになりました。

やるべきことは、次の2つです。

 

  • 位置情報の削除
  • アプリを使ってサイズを圧縮

 

位置情報の削除

iPhoneで撮った写真には、位置情報が含まれています。

iPhone上に、場所ごとにアルバムが作られたりしますよね。

写真に位置情報があるため、それが可能なのです。

自分の思い出としては嬉しいけれど、写真の位置がバレるのは非常に危険。

ストーカーや詐欺被害に合ってしまう可能性もあります。

投稿のたびに削除しようか?とも思いましたが、万が一の場合、削除し忘れという可能性も出てくる。

いろいろ考えた結果、最初から位置情報を入れないほうがいいだろうと思いました。

これ、どこだっけ?という情報が残らないというのは、ちょっと寂しいですけどね…

マメな人ならば、投稿するたびに削除する方法でもいいと思います。

私はズボラなため、きっと、いつかどこかで、削除し忘れることが出るだろうなぁと思ってしまうので、最初の設定を変えることにしました。

iPhoneの設定をひらく

設定 → プライバシー → 位置情報サービス → カメラ → 許可しない

これだけでOKです!

位置情報がないことの確認方法

iPhoneの写真アプリをひらき、写真を上にスクロールしたとき、「関連項目が見つかりません」と出ていればOKです。

位置情報が入っているときは、ここに地図が出てきます。

とりあえずこれで、位置がバレる危険がなくなりました。

自宅で写真を撮ったら、自宅の場所がバレバレになってしまいますからね。

圧縮アプリでサイズを圧縮しよう

iPhoneで撮った写真のサイズが、たまに1メガになっているときがあります。

そのままブログに投稿したら重すぎて扱いづらい。

必ず圧縮してから投稿するようにしよう。

ということで、アプリを使います。

私は、ImageResize4というアプリを使うことにしました。

使い方はとっても簡単。

アプリから写真をひらき、好きなサイズを選んで保存するだけ。

ブログへアップロードしようとすると、ちゃんと「ImageResize」というフォルダに入っているので、写真の選択に迷うこともありません。

Googleフォト経由でアップロードしようとすると、うまくいかない

私は、iPhoneで撮った写真はGoogleフォトに保存しています。

最初は、Googleフォトに保存されている写真をパソコンにダウンロードして、そこからブログに投稿していました。

ところが、どういうわけか、うまくいかないものがあるのです。

なぜか、PNG形式でダウンロードされてしまったり、写真の圧縮がうまくできなかったり、エラーになってアップロードできなかったり。

うまくいくことのほうが多いのですが、一部、そういうものがあって、ストレスを感じていました。

詳しい人には、わかるのでしょうか。

だけど、そこを調べるよりも、iPhoneから直接アップロードをしたほうがいいだろうと思いました。

やってみたら、とってもノンストレス。

エラーになることがなくなって、ホッとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です