やりたいことがない人が行動する秘訣とは【印度カリー子さん】大学生のときにスパイス販売でブレイク

印度カリー子

誰かのためなら、「爆発的行動」が生まれる。

 

「印度カリー子」というネーミングにひかれました。

調べてみたら、すごい人でした。

印度カリー子さんとは?

大学3年でカレースパイスを販売、ヒット。

今は、スパイス専門店「香林館」の代表取締役。

大学院で香辛料を研究中。

 

レシピ本の出版や、メディア出演もしていて、多方面で活躍中。

 

ほんと、すごすぎます!

誰かのために夢中になれることが爆発的行動を生む

すべての始まりは、カレー好きなお姉さんのために、インドカレーを作ったという素朴なもの。

 

そこからカレーにのめり込み、ブログを書き始め、事業にまでしてしまったそうです。

 

でも、それまでは、将来の夢も全然なく、つまらない人間だったそうで。

 

カリー子さんは語ってます。


「誰かのために夢中になれることなら、人は爆発的に行動できる」

 

本当に、そのとおり。

 

「自分のため」だと、すぐ消えちゃうような、はかない行動にしかなりませんよね。

 

パワーが出ません。


一方で、「誰かのため」だと爆発的な行動。

 

爆発的っていい言葉ですね。

 

決めたことが続かないのは、他者の存在がないからかもしれません。

ヒットの秘訣は、相手を考えたこと

スパイスセットの販売を開始したときの資本金は、貯金の10万円!

 

ネットで販売したところ、なんと!

 

1カ月で完売したのだとか。

 

その後もSNSで拡散され、問い合わせ殺到。

 

カレーでここまで活躍できるなんて、驚きです。

 

ヒットの秘訣は……


「『誰に届けたいか、誰の役に立つのか』まで考えたこと」

 

質さえよければいい、というわけではない。

 

ターゲットを「主婦層」に決め、主婦が好きそうなパッケージや、価格設定を考えた、と。

人に頼らず、自分でやってみる

「まず自分でやってみることが大切」だと。


何かを始めたいという方でも、最初からすべてを人に頼んで、外側だけを繕いがちに。

自分でやってみて、物事の本質を知る。

自分で事業をする上で、とても重要なことだと考えています

 

まとめ

  • 「誰かのため」に、何かに夢中になる
  • 最初から人に頼るよりも、「まずは自分でやる」
  • 相手が喜ぶことを考える。


これができたら、最強ですね。

 

大学3年生で、やってのけてしまうとは!

 

「印度カリー子」というネーミングセンスも抜群によすぎです。

 

印度カリー子さんのブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です