いい子の苦しみ②【なぜ自己否定】してしまうのか|それって本当に自分のせい?

自己否定

なぜ、すべてが「自分のせい」なのでしょう?

 

「自分のせい」にする理由、それは……

 

 

怒る勇気がないから

 

 

「勇気がない」というと聞こえがいいけれど。

その実体は、「立派な人に見せたい」という虚栄心です。

 

こんなことがあっても怒らない自分。

寛容な自分。

そんな自分になりたくて、相手を否定する代わりに、自分を否定する。

 

でもね。

不当なことをされたら、怒るのは当たり前ですよ。

 

そして。

ちょっとしたことで怒ったり、悲しんだり、イライラしたり。

そんな平凡な人間なんだってことを認めましょう。

 

「立派なわたし」

「特別なわたし」

「スゴイわたし」

を、あきらめるんです。

 

 

「自分は全然いい人じゃない」ってことを認めるのが、自己受容であり、自己肯定の第一歩。

 

 

いい子の苦しみ

いい子の苦しみ

いい子の苦しみ

いい子の苦しみ

いい子の苦しみ

いい子の苦しみ

いい子の苦しみ

いい子の苦しみ

いい子の苦しみ

いい子の苦しみ

 

いい子の苦しみいい子の苦しみ①【なぜイライラ】してしまうのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です