いい子の苦しみ①【なぜイライラ】してしまうのか

いい子の苦しみ

総じて日本人は、「いい子」だと思いますね。

他人の目を気にするし。

迷惑かけないようにするし。

出る杭にならないようにする。

 

でもね。

それを続けていると、突然イライラが止まらなくなったりする。

 

そう、「いい子」は実は、全然「いい子」じゃない。

自分の中の醜い一面に、必死でフタをしているだけだから。

 

「いい子」の幻想を、手放してみるといいと思います。

「いい子」じゃなくても生きていける。

むしろ、「いい子」じゃないほうが、ラクに生きていける。

 

ただ、ひとつ勘違いしないでほしいこと。

あなたが間違ってるんじゃない。

あくまでも、「間違った状況」で頑張り続けてしまっただけ。

 

いい子のイライラ

いい子のイライラ

いい子のイライラ

いい子のイライラ

いい子のイライラ

いい子のイライラ

いい子のイライラ

いい子のイライラ

加藤諦三

いい子のイライラ

 

↓続き

自己否定いい子の苦しみ②【なぜ自己否定】してしまうのか|それって本当に自分のせい?

 

 

参考図書

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です