「風姿花伝」に学ぶ、技術の磨き方【離見の見】真似するの?自分で考えるの?さて、どっち?

風姿花伝

徹底的に真似したほうがいい? 自分で考えたほうがいい?

 

真似しろって言われたり、自分で考えろって言われたり、わからないよ

 

そんなわけで。

 

こういうときは、「世阿弥」から学んでみよう。

 

「風姿花伝」から次の3つをヒントに。

  1. 写実的に真似る
  2. 離見の見(客観視)
  3. 時の運

1.写実的に真似る

自分なりの解釈は入れずに、そのまま真似する

「写実的」とは
事実をありのまま描くこと

 

絵画でも、「写実的な絵」は、まるで写真のようだったりしますよね。

忠実に描くことが「写実的」。

自分なりの解釈は入れずに、そのまんまを真似することです。

スポーツで言えば、野球のバットの振り方、テニスのラケットの振り方、ボーリングのボールの投げ方など。

姿勢に関することは、やはり、自分勝手にやっていては身につかない。

姿勢や表面の技術などは、そのまま取り入れる努力が必要です。

「非写実的真実」で考える

演劇とは、そもそもが「真似」ですよね。

ただし、ありのままを写実すればいいのではなく、独自の「非写実的真実」の考え方が求められる、とあります。

たとえば、「似顔絵」。

写実的ではないけれど、不思議と似ています。

そのような、写実的でありつつも、独自的で非写実的であることが大事だということでしょうか。

「鵜呑みにするな」「自分で考えろ」というのは、独自性を出すということですね。

さて、何を考えたらいいのでしょう?

そのヒントを、「離見の見」と、「時の運」から考えてみます。

2.離見の見(客観視)

「離見の見」とは
舞を舞ってる自分を、幽体離脱したような感覚で前後左右から眺めてみること。

 

自分の姿を、前後左右から、よくよく見なければならない

観客になって、自分を見る

当然のことながら、お客さんは、客席から見ています。

客席から自分を見てみないと、自分がどんな演技をしているかは、わかりません。

自分を「客観視」しなければ、自分の姿は見えないのです。

第三者の意見を聞くというのも、いいですね。

客観的に自分の行動を批判してくれる人を作り、ひとりよがりになることを避ける努力は必要です。

また、観客側からだけではなく、後ろ姿を見なさいとも言われています。

目前心後(もくぜんしんご):心を後ろに置く

目前心後とは

目は前、心は後ろにおく。

前を見つつも、意識は後方においておくこと

 

後ろ姿を覚えねば、姿の俗なるところをわきまえず(後姿を見ていないと、その見えない後姿に卑しさがでていることに気付かない)

 

「前進」という言葉が指すように、私たちは常に前を見ることを要求されます。

ただし、「背中を見て育つ」という言葉もあるように、人は、自分の後ろ姿を見ていますよね。

自分が卑しい姿になっていないかどうか、意識を後ろにおいて、後ろから眺めるような感覚を持ちながら、前に進まなくてはなりません。

常に、舞台・自分・観客を客観的に見る

幽体離脱のような感覚で、客観的な目で物事を見る。

見た内容を自分にフィードバックし、修正を加えていく。

そうやって、全体観に立っていくことです。

 

客観的に見ることがポイント

 

そして、そのうえで、「時の運」を考える。

3.時の運

派手にやるときと、地味にやるときがある

  • 時の運が味方するときは、自分の得意な演目を「派手に」披露する
  • 時の運が下降している時には、目立たない演目で控えめに見せる

 

つまり、調子のいいときは、どんどんやれ! 

派手に思いっきりやれ! 得意なことでいこう!

だけど、調子が悪くなってきたら?

たとえば、派手だった芸能人も、謝罪会見では控えめな服装で謙虚に話すように。

苦手なことも、がんばってみるとき。

タイミングは自分で見計らう

派手にやるべきか? 地味にやるべきか? 

今の自分の状態とタイミングを、しっかりと見計らって、自分で見極める。

成功する人には、成功するだけの自分の状態と、時の運にしたがった行動があったのでしょうね。

それを表面だけなぞっても、同じ結果にはならないということではないでしょうか。

まとめ

今の自分は、どんな状態なのか? どんな時なのか?

自分で考えながらも、写実的に真似をしていくと……

自分だけのオリジナリティに昇華できるといいます。

それに、「写実的に」真似をすること自体、考えなければ、できません。

 

よーく観察しないと写実的にはならないから。

 

なお、真似するべき相手は誰なのか?ということも、真剣に考えなければなりません。

そうしないと、思わぬ失敗を呼び寄せます。

そのことは、イソップ童話の「海綿を背負ったロバと塩を背負ったロバ」の話にわかりやすく描写されています。

海綿を背負ったロバと塩を背負ったロバ他人をうらやんでも意味がない【海綿を背負ったロバと塩を背負ったロバの話】背負っているものが違うんだ

 

つまり、こうなります。

  1. 理想像を明確にする
  2. 写実的に真似する
  3. 客観視する
  4. タイミングを見極める
  5. 最終的には「自助論」で!

 

ということで。

 

memo
自分を客観視しながら、「時」も見極めつつ、写実的に真似をする!

すると、オリジナリティに昇華する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です