伸びる方向を間違えた!精一杯に伸びたら、また精一杯に方向転換しよう

たくさんの同じような花のなかで、この花に目が止まった。

必死で方向転換しているような姿に見えて、やけに愛らしく思えてくる。

ぐーっと精一杯に伸びて、「間違えた。太陽の方向はこっちじゃなかった」

それで、反対側にまた精一杯、方向転換しようと焦っている。そんな姿。

なんか、かわいい。

この姿が、とても好き。

必死に伸びてきて、方向転換も必死にやる。

その姿勢、大事だなぁと思う。

失敗することが怖くて、試すときにも、つい力を最小限にしてしまう。

それって結局、どっちの方向にも伸びることができないのではないか。

ぐーっと伸びたからこそ、方向が違ってたことにも気づけて、方向転換もできるものなのかもしれない。

そして、方向転換とは悪いものではない。

愛嬌があって、かわいい。

あぁ自分も同じなんだと、思った。

こんなふうに、かわいらしく精一杯、方向転換をしてみたい。

だから、この花に目が止まったのだろう。


私は職場に、大嫌いな人がいた。

あまりに嫌いすぎて、もう5年ほど、恨み続けている。

なんともまぁ、忍耐強いというか、ねちっこいというか、心の整理が下手というか……

5年間の恨みって、相当だ。

自分でもわかってる。

人を恨んでいると、自分がつまらなくなること。

自分が不幸になること。

それでも、どうしても好きになれなくて。

席替えもして距離をおいたし、仕事での関わりも、極力、減らしてもらった。

気にしない努力も、いろいろしてきた。

だけど最近、ふと、あ・私が悪かったかも……と思ったりもした。

「その人」が、本当は仲良くなりたいのに……と、泣いていたと聞いて。

少し、心が動いてきたのだ。

なぜ私だけが、こんなにも頑固になっているのか。

相手も私を嫌っていると思っていたけど、そうではなかったようだ。

とりあえず、仕事で接するときに、フツーに笑顔で応じてみた。

自分のこだわりが、小さかったように思う。

心が、違う方向へ伸びようとしている。

まぁ、やっぱり仲良くはできないけれど。

頑張って笑顔で接してみよう。

私、この花と同じだ。伸びる方向を間違えすぎていた。

方向転換、するときかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です