働き方の哲学 by 村山昇【なぜ目標疲れが起きる?】人生100年時代、働く意味を考えないと生き残れない

働き方の哲学

働く意味を考えるとは、哲学的な考え方をすること。

哲学的に考えないと、働き続けることができません。

なぜなら、数値ばかりでは「目標疲れ」を起こしてしまうから。

 

自分はいったい、何をやっているんだっけ?

ふと、わからなくなってしまうことがありますよね。

それは、「意味」を考えてないことが原因。

 

意味とは、文字通り、「心の味わい」。

「哲学する」という観点がないと、心が枯れてしまいます。

 

哲学するには、カントが唱えた「知・情・意」の調和を考えることがポイント。

 

「働き方の哲学」の著者、村山昇さんのお話を聞いてきたので、レポートします。

働き方の哲学とは|人生100年時代、働く意味を考えないと続かない

哲学者カントが唱えた、知・情・意

人間は、「知・情・意」の3つを調和させることが大事だそうです。

  • 知:賢さ、分析(科学、技術)
  • 情:好き嫌い、感性、心地よさ(芸術)
  • 意:正しさ、洞察、意味(政治、宗教)

「知」への偏りによって「目標疲れ」を起こす 

  • なんでもかんでも定量化
  • 年、月、日ごとの目標
  • 自分の評価はすべて数値

 

人生100年なのに、数値化だけでは持続しません。

とてもじゃないけど続けられませんよね。

「情」への偏りによって、情報に流される

  • 何でもかんでも「好き嫌い」
  • 心地いいほうへと流される
  • SNSでのバズり

 

やはり、バズったもの・流行に流されがちですよね。

それだけでは、やはり危険です。

「意」(=哲学的な考え方)が極端に少ない

やはり、働く意味を考えなければ、続きません。

私たちは常に坂を登っているのですが、坂の上には「太陽」があるっていうのが大事なのです。

その「太陽」こそが、「哲学」であり、大いなる「目的」であり、実現したい「価値」です。

 

そのポイントが、知・情・意の調和

 

「調和」とは、どれかを捨てることでも、どれか1つに偏ることでもありません。

 

けれども、「意」が極端に少ない状況では、「意」に集中するのがバランスをとる秘訣ですよね。


だからこそ。


哲学的に考える量を、増やしてみましょう。

自分の考えに自信を持つには?

知・情・意の調和という話が、とても腑に落ちました。


ひとつ、質問をしました。


「自分で考えようと思うのだけれど、どうしても正解を求めようとするクセがあります。

間違ったらどうしよう? と不安になる気持ちはどう扱ったらいいでしょうか?」

 

この疑問に、納得の答えをいただきました。

  • 賛同者は必ず、少数でもいる。その少数に感謝しよう。
  • 賛同者の数にとらわれない=自分の価値を数値で決めない
  • 自分は、ブログを書いても10年間は見向きもされなかった、10年経って、書籍化された
  • 言ってることは、今も10年前も変わらない。それなのに反応が変わった。
  • 見向きされないからといって価値がないのだとは決めない。信じた道をコツコツやる。
  • 自分が価値を感じるならそれでいい。少数に感謝して、やめないこと。

 

たしかに。

ストアカの社長も、最初は全員に反対されたと言っていました。

ストアカストアカ社長に聞いた!2019年にもっとも売れた講座は?

 

自分の価値を数値で決めないというのは大事ですね。

まとめ

数値化というのは、一つの手段にすぎない。

数値 = 自分の価値なら、薄っぺらい自分になってしまいますね。

数値化しつつも、思い切って数値を捨ててしまう勇気が必要だな~と感じました。

 

[考えるポイント]

  • 知:それは本当に賢いことか?
  • 情:それは本当に美しいことか?
  • 意:それは本当に良いことか?


もっと物事の根っこに、まなざしを向けてみましょう。

意味とは「心の味わい」のことだそうです。

「心」を大事に。

 

ということで。

 

memo

人生100年時代を生ききるには、「意味」を考えることが大事。

もっともっと、哲学的に考えてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です