フランクリンの13の徳【9.中庸】人生はバランスが大事

フランクリン自伝

フランクリン自伝

アメリカ建国の父、ベンジャミン・フランクリンが成功したのは、「13の徳」を習慣化したから。

 

13の徳って何なの?

 

「13の徳」の習慣化とは

  • 「道徳的完成」に到達するための計画

 

徳は、全部で13個。

今回は、9番目の「中庸(バランス)の徳」を取り上げます。

フランクリン自伝

 

 

13の徳を習慣にする方法

  • 1週間で1つを実践
    • 同時に全部をねらわない
    • 1つだけに集中する
  • その日に徳に違反した過失を書く
  • 13週間で1サイクル、1年で4サイクル

9.中庸の徳

人生はバランスが大事だってこと

  • 白か黒かの極端主義にならない
  • 理不尽なことがあっても、八つ当たりはしない

フランクリン自伝

フランクリン自伝

フランクリン自伝

フランクリン自伝

孔子

フランクリン自伝

 

フランクリン自伝フランクリンの13の徳【1.節制】自信がないと言う前に、まずやるべきこと フランクリン自伝フランクリンの13の徳【2.沈黙】ムダ話をしている時間はない フランクリン自伝フランクリンの13の徳【3.規律】習慣化は言い訳との戦い フランクリン自伝フランクリンの13の徳【4.決心】決めて実行の連続 フランクリン自伝フランクリンの13の徳【5.節約】財産を築きたいなら守ろう フランクリン自伝フランクリンの13の徳【6.勤勉】安楽と富と尊敬を得る方法 フランクリン自伝フランクリンの13の徳【7.誠実】個性を輝かせたいなら、まず考えたいこと フランクリン自伝フランクリンの13の徳【8.正義】他人の足を引っ張ることは人の道ではない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です