フランクリンの13の徳【4.決心】決めて実行の連続

フランクリン自伝

アメリカ建国の父、ベンジャミン・フランクリンが成功したのは、「13の徳」を習慣化したから。

 

13の徳って何なの?

 

「13の徳」の習慣化とは

  • 「道徳的完成」に到達するための計画

 

フランクリンが、「13の徳」から得たこと

  • 84歳で死去するまで、健康を維持した
  • 貧しい身分から、立身出世した
  • つらい状況にあっても、非行や不道徳を犯さずにすんだ
  • 悪いクセや習慣を、すべて克服できた

 

 

徳は、全部で13個。

今回は、4番目の「決心の徳」を取り上げます。

 

フランクリン自伝

私はこれ(品性)を大切にし、いつまでも持ちつづけようと決心した。

 

 

 

13の徳を習慣にする方法

  • 1週間で1つを実践
    • 同時に全部をねらわない
    • 1つだけに集中する
  • その日に徳に違反した過失を書く
  • 13週間で1サイクル、1年で4サイクル

4.決心の徳

フランクリン自伝

  • 「なすべきことをなす」と決心する
  • 決心したら必ず実行する

 

 

フランクリン自伝

文章の書き方に一層気をつけるようになり、何とかしていい文章が書けるように努力しようと決心した。

 

 

フランクリン自伝

(真実と誠実さが)人間生活にとってもっとも大切だと信じるようになった。そこで私は生涯実行する考えで、決心を書き記したものを作った。

 

フランクリン自伝

本来われわれにとって有害であるから禁じられ、あるいは有益であるから命じられているのであろうと私は考えた。

 

 

フランクリン自伝

  • 17歳で故郷を離れる決心
  • 印刷業で大成する決心
  • 新聞紙の発行を決心
  • 公共事業をおこうなう決心
  • 公職につく決心
  • アメリカ独立宣言の起草を決心

 

フランクリン自伝フランクリンの13の徳【1.節制】自信がないと言う前に、まずやるべきこと フランクリン自伝フランクリンの13の徳【2.沈黙】ムダ話をしている時間はない フランクリン自伝フランクリンの13の徳【3.規律】習慣化は言い訳との戦い フランクリン自伝フランクリンの13の徳【5.節約】財産を築きたいなら守ろう フランクリン自伝フランクリンの13の徳【6.勤勉】安楽と富と尊敬を得る方法

まとめ

フランクリン自伝

フランクリン自伝

フランクリン自伝

フランクリン自伝

 

関連記事

7つの習慣7つの習慣【自立と相互依存】一流の人が読んでいる、人格形成のための必読書|本当に自分を好きになる習慣 7つの習慣7つの習慣【相互依存】新しいコミュニケーション習慣で人間関係は変わる 7つの習慣7つの習慣で最も重要なことは【心の声に従うこと】自覚・良心・想像力・自由意志の4つの力 7つの習慣ありのまま生きるより【主体的に生きる】自分の間違いを認めていますか?|7つの習慣 パラダイム他人の言葉に振り回されない【パラダイム①】を理解する7つの習慣 ライフスタイルアドラー心理学【ライフスタイル】見方が変わればすべてが変わる

 

参考図書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です