フランクリンの13の徳【2.沈黙】ムダ話をしている時間はない

フランクリン自伝

アメリカ建国の父、ベンジャミン・フランクリンが成功したのは、「13の徳」を習慣化したから。

 

13の徳って何なの?

 

「13の徳」の習慣化とは

  • 「道徳的完成」に到達するための計画

 

フランクリンが、「13の徳」から得たこと

  • 84歳で死去するまで、健康を維持した
  • 貧しい身分から、立身出世した
  • つらい状況にあっても、非行や不道徳を犯さずにすんだ
  • 悪いクセや習慣を、すべて克服できた

 

フランクリン自伝

 

そんなわけで、「13の徳」を学んでみたいと思います。

 

13の徳を習慣にする方法

  • 1週間で1つを実践
    • 同時に全部をねらわない
    • 1つだけに集中する
  • その日に徳に違反した過失を書く
  • 13週間で1サイクル、1年で4サイクル

 

今回は、2番目の「沈黙の徳」。

よい習慣は、ひとつずつ。

庭の草むしりをする男は、雑草を一度にとりつくそうなどとはしない。というのは手にあまるからで、一回に一と隅(すみ)ずつかたづけ、その隅がすんでから次へと移るもの

 

2.沈黙の徳

  • ムダな話に参加しない
    • 嫌われたくないためだけの意味のない飲み会、ウワサ話やグチは利益なし
  • 話すよりも、聞く
    • 知識は、舌の力よりも耳の力によって得られるもの

 

無駄口、シャレや冗談にふけらない

フランクリン自伝

私は徳を進めると同時に、知識をもえたいと望んでいたが、知識は、人と談話する場合でも、舌の力よりはむしろ耳の力によってえられると考えたので、下らない仲間に好かれるようになるにすぎない無駄口や地口や冗談などに耽る習慣(それが私の癖になりかけていた)を直したいと願った。そこで沈黙の徳を第二においたのである。

 

地口とは、シャレのこと。

無駄口はともかく、シャレや冗談もダメっていうのは、どういうことか。

詳しい説明がないので、わからないのですが。

きっと、ユーモアといういい意味の冗談ではなく。

下世話な話を指しているのだと思います。

 

ウワサ話とか、誰かをいじって遊ぶとか。

要は、ストレス発散のための、意味のない会話のことでしょうね。

 

フランクリン自伝

  • 意味のない飲み会
  • 仕事中の、ダラダラした雑談
  • どうでもいいウワサ話や、グチ
  • 嫌われたくないという理由で付き合う場

 

楽しいんだけれど、何の価値も生まない時間。

終わったあとに、「なんかムダだったなぁ」と感じる時間のことです。

 

なんで、無意味なおしゃべりがダメなの?

 

勉強の時間を、確保するため

フランクリン自伝

(沈黙と規律を守れば)計画や勉強にあてる時間がもっとできるだろうと私は思った。

 

フランクリンにとっての、最優先事項は、勉強だったのです。

 

忙しいからこそ。

遊びや食事、ムダなおしゃべりを省き、勉強の時間を確保する。

そのことに徹する。

目的があれば、ムダ話は、本当にムダなのだとわかりますね。

 

Time is money

フランクリン自伝

今、私たちは、「時間がない」と安易に言いますが。

 

フランクリンの13の徳を考えると。

何の努力もせずに、ただ言い訳しているだけなんだと、痛感させられます。

 

ちなみに。

13の徳は、順番にも意味があります。

沈黙の徳は、節制の徳の次。

 

節制の徳を完全に身につけてしまえば、沈黙の徳はもっと身につけやすくなるだろう。

 

フランクリン自伝フランクリンの13の徳【1.節制】自信がないと言う前に、まずやるべきこと フランクリン自伝フランクリンの13の徳【3.規律】習慣化は言い訳との戦い フランクリン自伝フランクリンの13の徳【4.決心】決めて実行の連続 フランクリン自伝フランクリンの13の徳【5.節約】財産を築きたいなら守ろう フランクリン自伝フランクリンの13の徳【6.勤勉】安楽と富と尊敬を得る方法

まとめ

フランクリン自伝

フランクリン自伝

フランクリン自伝

フランクリン自伝

 

孤独な時間が必要なのは。

自分の成長のための、貴重な時間だから。

 

何ごとも目的意識を明確にしておけば、選択がラクになりますね。

今、何のために、何をやりたいんだろう? と、自問自答していきたいものです。

 

フランクリン自伝

 

フランクリン自伝フランクリンの13の徳【1.節制】自信がないと言う前に、まずやるべきこと フランクリン自伝フランクリンの13の徳【3.規律】習慣化は言い訳との戦い

 

関連記事

フランクリン自伝フランクリンの13の徳【1.節制】自信がないと言う前に、まずやるべきこと 7つの習慣7つの習慣【自立と相互依存】一流の人が読んでいる、人格形成のための必読書|本当に自分を好きになる習慣 7つの習慣7つの習慣【相互依存】新しいコミュニケーション習慣で人間関係は変わる 7つの習慣7つの習慣で最も重要なことは【心の声に従うこと】自覚・良心・想像力・自由意志の4つの力 7つの習慣ありのまま生きるより【主体的に生きる】自分の間違いを認めていますか?|7つの習慣 パラダイム他人の言葉に振り回されない【パラダイム①】を理解する7つの習慣 ライフスタイルアドラー心理学【ライフスタイル】見方が変わればすべてが変わる

 

参考図書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です