フランクリンの13の徳【13.謙譲】対話はイエスとソクラテス式で

フランクリン自伝

フランクリン自伝

アメリカ建国の父、ベンジャミン・フランクリンが成功したのは、「13の徳」を習慣化したから。

 

13の徳って何なの?

 

「13の徳」の習慣化とは

  • 「道徳的完成」に到達するための計画

 

徳は、全部で13個。

今回は、13番目の「謙譲の徳」を取り上げます。

 

フランクリン自伝

かように態度を変えた効果は、たちまち現われ、人と話をしても以前より気持よく運ぶようになった。謙譲な態度で自分の意見を述べるので、かえって容易に人に容(い)れられ、反対も少くなってきた。自分の意見が間違っている場合でも、そんなに恥をかかないですんだし、たまたま自分のほうが正しい場合には、いっそう容易に人を説得してその誤りを改めさせ、自分の説に同意させることができるようになった。

 

 

 

13の徳を習慣にする方法

  • 1週間で1つを実践
    • 同時に全部をねらわない
    • 1つだけに集中する
  • その日に徳に違反した過失を書く
  • 13週間で1サイクル、1年で4サイクル

13.謙譲の徳

イエスとソクラテスに見習う

フランクリン自伝

  • 自分の意見を、独断的に主張しない
  • 異なる意見を、頭ごなしに否定しない

 

フランクリン自伝

  • 議論で、論破するクセがある
  • 自分のほうが正しいと思う
  • 上から目線で言ってしまう

 

そこで私は他の悪徳や愚行と同時に、できることならこれを直したいものだと考え、謙譲の徳を表に加え、その語に広い意味をもたせたのである。

 

 

フランクリン自伝

「絶対こう」という断定的な言い方を避けた

  • 私は、こうではないかと思う
  • 私には、こう思われる
  • こうこうだろうと想像する
  • これこれの理由でこう思う
  • 現在のところ、私にはこうだと思われる
  • 多分そうでしょう
  • 私が間違っていなければこうでしょう

 

フランクリン自伝

相手の間違いを、いきなり指摘しない

  • 場合によっては、その意見も正しいかもしれないけど
  • でも、この場合では違うんじゃないかな
  • 少なくとも私には、そう思えるんだけど

 

フランクリン自伝

実際、人に物を教えようとする時に、押しの強い独断的な言い方で自分の考えを述べたのでは、人は反対したい気持になって素直には聞いてくれないだろう。また他人の知識から教えを受けて賢くなりたいというのに、しかも現在の考えを固執するようなことを言っては、議論を好まぬ謙遜で思慮ある人なら、おそらく間違っていてもそのままにしておいて直してはくれないだろう。さらにまたこういう遣り方では、聞き手に好感を与えて喜ばせたいと思っても、あるいは相手を説得してその同意をえたいと思っても、まず無理というものであろう。

 

 

フランクリン自伝

いったい談話の主要な目的は、教えたり教えられたり、人を喜ばせたり説得したりすることにあるのだから、ほとんどきまって人を不快にさせ、反感を惹き起し、言葉というものがわれわれに与えられた目的、つまり知識なり楽しみなりを与えたり受けたりすることを片端から駄目にしてしまうような、押しの強い高飛車な言い方をして、せっかくの善を為す力を減らしてしまうことがないよう、私は思慮に富む善意の人々に望みたい。

 

 

フランクリン自伝

 

フランクリン自伝

初めは多少無理をして装ったものであるが、しまいには自然になり完全な習慣となったから、この50年間、私の口から独断的な言葉が出るのを聞いた者は恐らく一人もあるまい。

 

大切なあの人に、なかなかわかってもらえない悲しさ。
寂しく、苦しかったですよね。

でもね。
勇気を出して、自分の態度をちょっとだけ
省みてみよう。

もしかしたら、自分が
「上から目線」に
なっていなかったか。

わかってくれて当たり前という
高慢な態度になっていなかったか。

態度をちょっとだけ変えてみると、
好意と同意が、
ビックリするほど得られるそうです。

フランクリンみたいに、
50年間、高慢な言葉を
使ったことがないと言えるように
がんばりましょう。

 

 

 

 

 

 

  1. 節制
    • 飽きるほど食べない
    • 酔うまで飲まない
      • 頭脳をクリアにするために、まず第一に心がけるべき
  2. 沈黙
    • ムダな話に参加しない
      • 嫌われたくないためだけの意味のない飲み会、ウワサ話やグチは利益なし
    • 話すよりも、聞く
      • 知識は、舌の力よりも耳の力によって得られるもの
  3. 規律
    • 出した物は片付ける
    • 決まった時間に仕事をする
      • 計画や勉強にあてる時間を増やすため
  4. 決断
    • 「なすべきことをなす」と決心する
    • 決心したら必ず実行する
      • 以下の習慣が容易になる
  5. 節約
    • お金をムダに使わない
  6. 勤勉
    • 時間をムダにしない
    • 常に、有益なことに時間を使う
    • 無用なことは一切断つ
  7. 誠実
    • ウソをついて人を傷つけない
    • 思いも発言も、公正にする
  8. 正義
    • 他人の足をひっぱらない
    • 「わざと与えない」という意地悪をしない
  9. 中庸(バランス)
    • 白か黒かの極端主義にならない
    • 理不尽なことがあっても、八つ当たりはしない
  10. 清潔
    • 身体、着るもの、住む所を清潔に
  11. 平静
    • 避けられない事態なら、あきらめる
  12. 純潔
    • 異性関係で問題を起こさない
  13. 謙譲
    • イエスとソクラテスに見習う
    • 自分の意見を、独断的に主張しない
    • 異なる意見を、頭ごなしに否定しない

 

フランクリン自伝フランクリンの13の徳【1.節制】自信がないと言う前に、まずやるべきこと フランクリン自伝フランクリンの13の徳【2.沈黙】ムダ話をしている時間はない フランクリン自伝フランクリンの13の徳【3.規律】習慣化は言い訳との戦い フランクリン自伝フランクリンの13の徳【4.決心】決めて実行の連続 フランクリン自伝フランクリンの13の徳【5.節約】財産を築きたいなら守ろう フランクリン自伝フランクリンの13の徳【6.勤勉】安楽と富と尊敬を得る方法 フランクリン自伝フランクリンの13の徳【7.誠実】個性を輝かせたいなら、まず考えたいこと フランクリン自伝フランクリンの13の徳【9.中庸】人生はバランスが大事 フランクリン自伝フランクリンの13の徳【11.平静】心を動揺させたくないならこれ フランクリン自伝フランクリンの13の徳【12.純潔】愛を知ることも徳のひとつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です