フランクリンの13の徳【1.節制】自信がないと言う前に、まずやるべきこと

フランクリン自伝

ベンジャミン・フランクリンが成功したのは、「13の徳」を習慣化したから。

 

フランクリンって誰だ?

 

  • アメリカ建国の父と呼ばれる人
  • 「フランクリン自伝」は、アメリカのロング・ベストセラーの一つ
  • 自伝の内容は、わりと地味な、日常生活が描かれている
  • それなのに、成功への軌跡が面白い

 

特に興味深いのは、「13の徳」の話。

 

フランクリン自伝

 

フランクリンが、「13の徳」から得たこと

  • 84歳で死去するまで、健康を維持した
  • 若くして財産を作れた
  • 名を知られるようになった
  • 国民から信頼され、名誉ある任務を託された
  • いつも快活でいられる
  • 常に人が寄ってきて、誰からも好感を持たれている

 

そんなわけで、「13の徳」を学んでみたいと思います。

 

13の徳を習慣にする方法

  • 1週間で1つを実践
    • 同時に全部をねらわない
    • 1つだけに集中する
  • その日に徳に違反した過失を書く
  • 13週間で1サイクル、1年で4サイクル

 

 

今回は、1番目の「節制の徳」。

よい習慣は、ひとつずつ。

庭の草むしりをする男は、雑草を一度にとりつくそうなどとはしない。というのは手にあまるからで、一回に一と隅(すみ)ずつかたづけ、その隅がすんでから次へと移るもの

1.節制の徳

  • 飽きるほど食べない
  • 酔うまで飲まない 

 

フランクリン自伝

 

第一は節制の徳である。なぜかと言えば、古くからの習慣のたえまない誘引や、不断の誘惑の力に対してつねに警戒を怠らず、用心をつづけるには、頭脳の冷静さと明晰とが必要であるが、それをうるにはこの徳が役立つからである。

 

古い習慣の排除のために、まず第一に心がけるべきこと

フランクリン自伝

13の徳は、一から順に実践していくことが大事。

 

なぜなら。

理にかなった順番になっているから。

 

順番どおりにやっていけば、次の徳の習慣化が早くなる、というのがフランクリンの考えた手法です。

 

飽きるほど食べない、酔うまで飲まない

フランクリン自伝

習慣を身につけるには、まずは、頭がクリアになっていなければならないですね。

そのために、まず第一にやるべきことは。

 

  • 飽きるほど食べない
  • 酔うまで飲まない 

 

つまり。

暴飲暴食をしない

 

実際に、ベンジャミン・フランクリンは、お酒の席にはあまり参加しなかったようです。

 

読書だけが私が自分に許した楽しみで、私は酒場へも行かねば、勝負事もせず、その他どんな遊びにも時を費やすことがまったくなかった。仕事のほうでは相変わらず勤勉で決してたゆまなかったが、それもやむをえないことであった。

 

もともと、一般的な娯楽が好きではないという性質もあったのかもしれません。

ただ、その分、勉強する時間をたくさん持てたというのは、見習いたいところです。

 

徹底した節制ぶり

「暴飲暴食をしない」というと、当たり前のように聞こえますが。

その徹底ぶりは、すごいもの。

まるでスポーツ選手かというくらいに。

 

しかも、その目的は、「人よりも勉強をするため」。

 

ここまでやったからこそ、「建国の父」とまで呼ばれるようになったんですね。

フランクリン自伝

 

成功は、ささいな習慣の積み重ね

フランクリン自伝

 

私たちは、何かすごい方法を知りたいと、思いすぎ。

 

結局は。

日々の生活で、節制を心がけるところからスタートするわけです。

だからこそ、一番簡単なことが、一番難しいかもしれません。

 

POINT

毎晩、「今日は暴飲暴食の過失をしなかったか」をチェックしよう。

 

続き

フランクリン自伝フランクリンの13の徳【2.沈黙】ムダ話をしている時間はない フランクリン自伝フランクリンの13の徳【3.規律】習慣化は言い訳との戦い フランクリン自伝フランクリンの13の徳【4.決心】決めて実行の連続 フランクリン自伝フランクリンの13の徳【5.節約】財産を築きたいなら守ろう フランクリン自伝フランクリンの13の徳【6.勤勉】安楽と富と尊敬を得る方法

まとめ

フランクリン自伝

 

フランクリンの13の徳

 

フランクリン自伝

フランクリンが「13の徳」を執筆したのは、友人から強くお願いされたためです。

 

執筆依頼をした理由

  1. 世のため人のためになるから
    • 自分で書いたほうが、より伝わる
  2. アメリカの国内事情の普及にもなり、移住を促せるから
    • 世間の人は、アメリカ事情を知りたがっている
    • フランクリンの名が広く知れ渡っている
  3. 若い人々に、どう生きるべきかの指針を与えられるから
    • 誰もが迷い、悩んでいる
  4. ローマ時代のカエサルにも及ばぬ大きな興味があるから
    • それくらい、大きな業績を成している

 

それくらい、フランクリンは、すごい人だったようです。

 

何がすごいって、残した業績が素晴らしいのはもちろんですが、人格も素晴らしかったとのこと。

よくありがちな、「業績はすごいけど、プライベートはボロボロ」という見せかけの成功ではないのです。

 

なので、「7つの習慣」や「道は開ける」などの書籍でも、「フランクリン自伝」を参考にしたほうがいいと書かれています。

「マネする」までは、なかなか及ばないですが、参考にしていきたいですね。

 

フランクリン自伝

 

フランクリン自伝

 

関連記事

7つの習慣7つの習慣【自立と相互依存】一流の人が読んでいる、人格形成のための必読書|本当に自分を好きになる習慣 7つの習慣7つの習慣【相互依存】新しいコミュニケーション習慣で人間関係は変わる 7つの習慣7つの習慣で最も重要なことは【心の声に従うこと】自覚・良心・想像力・自由意志の4つの力 7つの習慣ありのまま生きるより【主体的に生きる】自分の間違いを認めていますか?|7つの習慣 パラダイム他人の言葉に振り回されない【パラダイム①】を理解する7つの習慣 ライフスタイルアドラー心理学【ライフスタイル】見方が変わればすべてが変わる

 

参考図書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です