自己信頼 by エマーソン【必読】不安になったときの超オススメの一書

エマーソン

自分に不安になったときの、超オススメの一書。

エマーソンの「自己信頼」は、自己を信頼することの大切さというよりも、それしかないことを教えてくれる。

 

自己実現でもない。

自己受容でもない。

自己肯定でもない。

 

何より大切なことは……

 

自己信頼

 

自分をどれだけ、信頼できているのか?

すべては、そこしかない。

 

自分の願いを実現するにしても、自分を受け容れるにしても、自分を肯定するにしても。

 

その根底は、自己信頼なのだ。

「自分を信じる」よりも、もっと力強い、「自己信頼」。

それは、甘い道ではない。

自己を信頼しないことのほうがバカバカしく感じてくるほど。

自分を強く強く信頼しよう。

他者との信頼関係を望むなら、まずは自己との信頼関係。

 

以下の、エマーソンの言葉を読むと、希望がわいてくる。

Contents

自分の考えを信じる

自分にとっての真理は、すべての人にとっての真理

自分の考えを信じること、自分にとっての真理はすべての人にとっての真理だと信じることーそれが天才というものだ。

他人が考えたことではなく、自分が考えたことを語る

モーセやプラトン、ミルトンが真に偉大なのは、書物や伝統にとらわれず、他人が考えたことではなく、自分が考えたことを語ったからである。

自分の考えに合ったものが正しい

私にとって、自分の本質に適った法則以外、神聖な法則などない。善だの悪だの言っても、それは単なる名前に過ぎず、「あれ」とか「これ」といっているのと変わりない。正しいものはただひとつ、自分の考えに合ったものだけであり、間違っているものはただひとつ、自分の考えに反するものだけだ。

思ったままを口にすればいい

思ったままを口にすればよい。心にもなく歓待したり、心にもなく愛情をかけたりすることをやめるのだ。欺き欺かれながら付き合っている人たちの期待に応えて生きるのをやめるのだ。

正直に伝えれば、「いいことを言う」と評価される

私たちは自分を半分しか表に出しておらず、自分たちが心に抱く貴重な考えを恥じて隠している。正直に伝えさえすれば、何の問題もなく「妥当だ」「いいことを言う」と評価されるだろうに。

自分の直観でいく

直観とは、自然とわきあがってくるもの

直観は、自分の気持ち次第でどうにもなるものではなく、自然と湧き上がってくる不可避的なものだ。

直観とは、意図的ではないもの

意図的に手に入れようとするものは、ふらついていて腰が定まらない。たわいのない夢想、ほのかで素朴な感情こそが、私の好奇心をかき立て、尊重せずにはいられなくなる。

他人の考えはどうでもいい

偉大な人物は、大勢の中でも自分を保つ

この世界では、周りの意見に従って生きる方がたやすい。しかし偉大な人物というのは、大勢に囲まれている中でも、見事なまでのしなやかさで、自分を保っていられる人間だ。

共同体の言いなりになることは、不正直な人間になること

ほとんどの人間が目をハンカチで覆い、意見を同じくするどこかの共同体の言いなりになっている。こんなふうに組織に盲従していると、いくらか不誠実だとか、ちょっと嘘をつくどころではなく、あらゆることで不正直な人間になってしまう。

世の中は自分のためにある

人は、自分の価値を知り、何ごとも自分の思うようにすべきだ。世の中は自分のためにあるのだから、まるでチャリティー・スクールの生徒や、私生児や、もぐりの商人のように、覗き見をしたり、盗みを働いたり、こそこそ歩き回ったりしないでほしい。

自力で行動すれば、過去が自分を正当化してくれる

服従していては、何も説明できない。人に頼らず自力で行動するのだ。自力で行えば過去の行動が現在の自分を正当化してくれる。

一貫性は必要ない

今日は、今日の思ったことを口にするのだ

今心の中にあることを、断固として口に出したまえ。そして明日は、明日考えたことを口にするのだ。それがたとえ、今日言ったことと矛盾していても。

仮に矛盾したからといって、それが何なのだ?

仮に矛盾したからといって、それが何なのだ?

すべては誤差の範囲

アンデスやヒマラヤの突出が、地球全体の曲率から見ればどうということはないように、自分の考えの凸凹も、その人の存在全体から見れば誤差の範囲だ。それに、他人が自分をどう評価し、どう裁こうが、どうでもいいことではないか。

ちぐはぐな行動に見えても、調和はとれている

どんなにちぐはぐに見える行動であっても、そのときどきに誠実に自然に行われたものならば、そこには何か共通するものがある。ひとつの意志から出たものなら、どんなに違って見えようと、調和が取れているはずだからだ。少し距離を置いて、高い視点で眺めてみれば、その違いなど見えなくなる。

ジグザグに進んでるようでも、実は真っすぐ進んでいる

どんなによい船でも、何百もの航跡を描いてジグザグに進んでいく。だが、距離を取って眺めてみるといい。船は目的地に向かって真っすぐ進んでいる。

何がどうあろうと、今すぐ行動せよ。見てくれなんかあざ笑え

何がどうあろうと、今すぐ行動せよ。見てくれなんかあざ笑え。そうすれば、見かけなんて気にならなくなる。

他人の機嫌をうかがう必要はない

むしろ彼に私の機嫌をとってもらいたい

もう頭を下げたり、詫びたりするのはやめにしよう。私の家に、ある偉い人物が来て食事をすることになったとしよう。私は彼の機嫌を取るつもりはない。むしろ彼に私の機嫌を取ってもらいたいくらいだ。

周りを従えるのだ、子どものように

幼児がただひとりいるだけで、周りの大人がみな4、5歳の子どもに戻って、幼児言葉で話しかけたり、一緒になって遊んだりする。

愛想笑いは屈辱だ

誰しもが必ず味わう、とりわけ屈辱的な経験がある。何かと言えば、あの「間抜けな愛想笑い」のことだ。つまり、気疲れのする席で面白くもない話を聞きながら、相づちとして無理に浮かべるあの笑顔のことだ。

自分に生きる

自分が本来やるべきことをやれば、強くなれる

自分がやるべきことをやれば、あなたの姿がはっきりと見えてくる。自分が本来やるべきことをやりたまえ。そうすれば、あなたは強くなれる。
世間に合わせてばかりいるのは、「目隠し鬼ごっこ」をしているのと同じだと知るべきだ。

人から立派だと言われる行為は、どうでもいい

人から立派だと言われる行為をするかしないかは、私にはどうでもいいことだ。

理解してもらうために、証拠を提出する必要はない

私は間違いなく私という人間であり、そのことを自分や仲間に理解してもらうために追加の証拠を提出する必要はない。
私がしなければならないのは、自分に関心のあることだけであって、他人が考えていることではない。

偽りのない、まっすぐな人生がいい

私は罪をつぐなうのではなく、生きることを全うしたい。私の人生は生きることそれ自体のためにあるのであって、見せ物にするためにあるのではない。華やかだが、腰の定まらない人生よりも、程度は低くてもいいから、偽りのない、まっすぐな人生の方がいい。

まとめ

以上をまとめると。

  • 自分が考えたことが正しい
  • 思ったとおりに語れ
  • 他人の考えたことはどうでもいい
  • 自分の直観で進め
  • 一貫性は必要ない(どうせ真っすぐになる)
  • 他人の機嫌をとるより、自分の機嫌をとってもらえ
  • 自分に正直に生きろ

 

他人の考えではなく、自分の考えが正しいと思って進む。

そこには、本当に自己信頼がないとできない。

どうしても不安になってしまうし、周りに合わせているほうが楽だから。

でも、「自分の考えが一番正しいのだ」と突き進む勇気をもとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です