サービスされたら笑顔で感謝を~「お金を払ってるから当然」はやめよう【お金の哲学】

感謝

サービスを受けたら、感謝して笑顔で応じる。

そうすると、周囲は優しい人だらけになる。

お金の払い方が、お金の頂き方にも通じるから。

コンビニの店員さんとの挨拶

「あ、おはようございまーす」

ん? 誰だろう……

駅のホームで、すれ違いざまに挨拶されて、一瞬わからなかった。

あ……。もしかしてコンビニの店員さん?

朝の急いでいた時間だったので、ほんの数秒、笑顔だけのコンタクト。

いつも立ち寄るコンビニの店員さんだった。

私が買うものは、いつも一緒なので、取りやすい場所に陳列してくれたり、明るく話しかけてくれたりする人。

その店員さんに出会う前、あるときふと、コンビニでの買い物に違和感を抱いた。

店員さんの顔も見ず、店員さんも私の顔を見ず、とても無機質なやり取り。

本当は、サービスしてくれたら笑顔で感謝するもの。お金を払ってるんだから当然、という姿勢はよくないよなあ。

店員さんが無表情なのは、感謝されることがないせいで、働きがいを感じられないからではないか?

そう思って、なるべく笑顔で対応しようと思った。

それでも、無表情の店員さんも多いけれどたまに、ステキな店員さんもいる。

駅で挨拶してくれた店員さんは、コンビニの外でも私の顔を覚えてくれてた。

朝から、気持ちがほっこり。

やっぱり、サービスしてくれたら感謝しよう。

「客だから当たり前」は、自分に返ってくる

以前は、店員さんに笑顔で応じることが、できなかった。

なぜなら、「お金を払ってるんだから当たり前でしょ」と思っていたから。

「だって仕事だよね?」と。

そんな考えが、自分を殺伐な心にしていたことに、ふと気づく。

コンビニでも、外食するときでも、つい、サービスを当たり前に感じてしまう。

感謝どころか、不平不満が出てくる。

「遅い」とか、「手ぎわが悪い」とか。

「客なんだから当たり前」

「やってくれて当たり前」

その気持ちが、日々、自分に返ってきている。

普段から、周囲の人に対して、自分がそういう視線を向けていたから。

お金は、感謝して払うもの

不満ではなく、感謝で応じてみる。

すると……

お金というのは、感謝の気持ちで払うものなのだと改めて感じる。

ありがとうと言ってお金を出せば、向こうもありがとうと言ってくれる。

「客だから当たり前」という気持ちを捨ててみると、「お金」との向き合い方も変わってくる。

「お金の払い方」を変えると、「お金の頂き方」も変わってくる。

お金は、感謝して頂くもの

プロ

 

お金に対して、「当たり前」の気持ちがあると、感謝と充実がなくなります。

そして、お金に対する恐怖心があると、「使う」ことも「頂く」こともできなくなります。

「使う」「頂く」と決めないと、循環しないのがお金。

もちろん「使う」と決めて、使ってばかりでは破綻します。

大事なことは、なぜ「ない」のかを、きちんと見きわめること。

現実は正しい結果を出してくれています。

 

こんな信念ありませんか?
  • 思い込み:自分に稼げるわけがない
  • 自己否定:自分には価値がない
  • 投資不足:学ぶのとか面倒だし

 

自分の信念を丁寧に、組みかえていく必要があります。

つまり、「お金がない」ということを言い訳にして、大事な問題から逃げているのかもしれないということです。

「お金がない」というセリフが、逃げ道になっていないでしょうか?

本当の自分を見つめたくないのかも。

 

その行動、もしかしたら間違っているかも?
  • 努力不足:そもそも技術がない
  • 認識不足:努力の方向が違うことに気づけてない

 

「お金がない」というより、「なぜお金がないのか?」「自分にはどんな信念があるのか?」「どこが違うのか?」をしっかり究明していくと、お金だけではなく、自分の人生が改善します。

「お金がない」と言い続けていては、ずっとそのまま。

プロ意識をもつ

お金を頂く人は、プロである。

「プロになる」という覚悟があるかどうか?

 

こんな信念ありませんか?
  • 「お金がない」と言えば、誰かがくれる
  • 願ってさえいれば何とかなる(引き寄せられる?)

 

紙に書いて待っているのは、サンタクロースを待っていた子どもの頃と、意識が同じ。

プロになるという覚悟で、あらゆる努力をしているか?

他人のせいにしないで、自分で研究をしているのか?

「お金がない」「商品が売れない」というのは、正しい事実。

現実がそれを教えてくれています。

その教えを、しっかり受け止めて、どう挑戦するかは自分次第。

「お金」とは、「自分の信念が変化したもの」。

自分はこれくらいだと、自分で決めているのですね。

自分の生きる意味と価値を信じる

自分が存在する意味や、価値を信じることができない、それが「お金がない」本当の理由なのかもしれません。

不思議なことですが、自分の価値を信じられないと、どんなにお金をくれると言われても、お金を受け取ることが怖くなるようです。

「こんなに、もらえない」と。

そして、意味と価値を信じることができないときほど、機能と役割で、価値をつけようとします。

 

こんな信念ありませんか?
  • これだけやれば、お金がもらえる
  • 自分の役割とは、こんなもの

 

怖くて値下げをするとき、自分への否定が含まれていることが、あるようです。

大事なことは、お金があるか・ないかではない。

どんな状況でも、自分の意味と価値を信じていられるかどうか。

お金がなくても幸せな人がいるというのは、お金に関わらず、自分の生きる意味と価値を信じられているということでしょう。

そのうえで、しっかりと努力をすれば、お金は入ってくるものかもしれません。

まとめ

「お金」と向き合うことは、「自分」と向き合うこと。

自分がどんな信念で生きているのか。

自分には生きる意味と価値があるのか。

 

お金を払うとき、感謝して払っているか?

お金を頂くとき、感謝して頂いているか?

 

相手を、プロとして見ているのか?

自分は、プロとしての覚悟があるのか?

 

お金に嫌われるような言動をしていないかどうか?

「お金がない」というセリフから、自分の生き方が見えてきます。

 

ここまで考えて、両親のことを思い出しました。

私の両親は、昔からずっと「お金がない」と言い続けています。

そして今も、お金がありません。

お金に好かれる態度では、なかったのかもしれません。

 

ということで。

 

memo

お金を払うときは、感謝して払おう。

お金を頂くときは、感謝して頂こう。

お金に悩むのならば、お金に好かれる態度をしてみること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です