思い込みがヤバい【ダニングクルーガー効果】自信をもちすぎるとウツになる可能性もある

ダニングクルーガー効果

ダニング・クルーガー効果とは、能力の低い人ほど、自分を過大評価すること。

コーネル大学の、ダニング博士と、クルーガー博士の研究結果によるもの。

 

dunning-kruger-effect2

 

「客観視の能力が低い人」は、「能力が低い」

なんで、能力の低い人ほど、過大評価するの?

 

自己客観視ができないからです。

 

客観的な判断ができないせいで、過大評価する

能力の低い人の特徴

  1. 自分のレベルを正しく評価できない
    • → 実際より「上」だと思ってる
  2. 他人のスキルも正しく評価できない
    • → 実際より「下」だと思ってる
  3. だから、自分を過大評価する
    • 知らないことに対して、楽観視してしまう

 

dunning-kruger-effect2

dunning-kruger-effect2

dunning-kruger-effect2

dunning-kruger-effect2

dunning-kruger-effect2

dunning-kruger-effect2

dunning-kruger-effect2

dunning-kruger-effect2

dunning-kruger-effect2

 

実は、「自分はできる」と思っている

それにしても、不思議ですね。

自分にはできて、他人にはできない」と思っているのです。

 

「自分にはできない」と思うから、落ち込むような気がしますが。

本当は、「自分はスゴいのに」と思うから、苦しくなってるのかもしれません。

 

小さな子どもが、「僕にもできる!」と言って、大人のマネをするようなもの。

それなのに、認めてもらえなくて、落ち込む。

そういう心情なのでしょう。

 

「自分と他人を正しく評価できない」でいると、どんどん自分が愚かになってしまいます。

 

やはり、「自己客観視」を訓練したほうがいいですね。

 

「こう見えても……」って、本当?

「私、こう見えても……」と言う人が、よくいます。

でも、「いや、見たとおりだけど?」と感じることって、ありませんか。

これも、客観視ができてない証拠です。

 

なんで客観視できないことが、問題なの?

 

ムダなことで悩んでしまうから

たいしたことないのに深刻に悩んでしまったり。

逆に、悩んだほうがいいことを「たいしたことない」と思ったり。

 

それに、自分が愚かな判断をしているならば、とにかく修正したい。

 

そんなときのオススメが、マコなり社長の話です。

ダニングクルーガー効果から抜け出し、自己客観視する方法をわかりやすく教えてくれています。

その方法とは、「メモ書き」。

とっても簡単なんです。

マコなり社長マコなり社長も認める、「ゼロ秒思考」のメモ書きの効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です