ショーペンハウアーの読書論|多読すると考える力を失うって本当なの?

ショーペンハウアー

(多読をする人は)「しだいに自分でものを考える力を失っていく」

これは、ショーペンハウアーの衝撃的な言葉。

頑張って読書をしてみようかな~と思っていた矢先の、この言葉!

 

どういうことだぁ~と、かなり動揺したけれど。

 

結論からいうと、

 

多読を禁じているのでは、なかった。

「多読+考える」は、どんどんやるべき

  • 多読+考えない→意味ない
  • 多読+考える→やったほうがいい

 

受け身の読書はダメ。

自分の考えを深めるためなら大いにやるべき、ということ。

ただし、「考える」ってのが、また難しい。

考える=外からの刺激+内からの気分

ショーペンハウアーが言う思索とは……

 

「外からの刺激」と、「内からの気分」が合致したとき

 

そのときに初めて、思索が動き出すのだという。

 

だから、「勉強しなさい」とか、「考えなさい」とかいう、命令とか号令では人は動かないのは当たり前のこと。

自分の、「内からの気分」と合致しなければ。

自分の内側から、興味・関心がわいてこなければ、考えることなんてできないんだ。

しかし、「内からの気分」っていうのがまた難しい。

やはり、そこに出会うのは、かなりマレだそうで。

ならば、どうするか?

解決策としてはやっぱり、読書を勧められている!笑

思索できるかどうかは幸運による。それまでは読書をすべき

もっともすぐれた頭脳の持ち主でも、必ずしも常に思索できるとは限らない。したがって、そのような人も普通の時間は読書にあてるのが得策である

 

そして。

 

素敵で立派な情報をたくさん持っているよりも、たとえ見劣りしたとしても自分で考え抜いた知識のほうが価値が高い、と。

 

ということは……

 

こんなこと、自分が言っちゃっていいのかなぁ~とか。

どの口が言うんだろ? と、自分につっこんだりとか。

いろいろ考えてしまうと、自分の考えを表に出すことが怖くなるんだけど……。

 

見劣りしようが、なんだろうが、自分で考えたことのほうが価値が高い!
そのためにも読書したほうがいいよね。

 

だからやっぱり。

 

堂々と、いろいろ読んだり、いろいろ言ったりしていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です