アドラー心理学【嫌われる勇気とは?】人間関係は自分を好きになるための課題

嫌われる勇気

アドラー心理学は、「ありのままの自分を好きになる」方法を教えています。

そのことを解説した本が、「嫌われる勇気」。

人生の不幸は、自分を好きになれないことだというのです。

 

でも、その教えには、ちょっと混乱する。

 

なぜなら。

 

自分を好きになるためには、人に嫌われる必要がある

 

けれども。

 

自分を好きになるためには、人間関係と向き合わなければならない

 

矛盾してるよ

 

さて、どういうことなのでしょうか?

 

自分を好きになる決心ができるためには、他者との関係を築くことが自分にとって有用であると、はっきり理解されなければならない。

人は孤立して生きているのではなく、他者との関係の中にある。

人と人は結びついているのだ。

(アドラー 人生を生き抜く心理学)

「自立」とは、自分を好きになること

人生の目標は、自立と調和

  1. 自立
    • 「私には能力がある」と思うこと
    • 自己受容
  2. 調和
    • 「他者は仲間である」と思うこと
    • 一部だけを見て、全体を判断しないこと
    • 他者信頼・他者貢献

 

私たちが目指すところは、「自立と調和」。

その中身は、「自己受容・他者信頼・他者貢献」。

 

つまり。

「自分を好きになる & 他者を好きになる」生き方を目指しましょう

ということです。

 

でも、「自分を好きになる」って、どういうこと?

自分を好きなのかどうかさえも、わからなくなっちゃった。

 

「自分には価値がある」と実感できてる状態が、「自分を好き」ということです。

 

「自分には価値がある」と思えたときに、自分を好きになる

アドラーは、自分には価値があると思えたときにだけ、自分を好きになることができると言われています。

 

そもそも、「価値」って何?

辞書的な意味を見てみましょう。

価値とは

どれくらい大切か、どれくらい役に立つかという程度。

 

つまり、「自分に価値がある」とは。

  • 自分は、大切な人間である
  • 自分は、役に立つ人間である

 

そう心から実感できることです。

 

POINT

「大切な自分」「役に立ててる自分」と、思えてるでしょうか。

 

人としての価値とは、「誰かの役に立つ」こと

「誰かの役に立つ」とは……

他者との関係の中で感じることです。

 

つまり。

人間関係の中でしか、自分の価値は見いだせないということ

 

「自分に価値がある」と感じ、自分を好きになるためには、どうしても他者の存在が必要なのです。

 

だからアドラーは、人間関係こそ、私たちが向き合うべき人生のタスク(課題)だといいます。

 

「7つの習慣」では、「自立と相互依存」を説いている

「7つの習慣」は、アドラー心理学の影響を受けています。

「相互依存」とは、他者との関係を Win-Win にすること。

「お互いにWin」「お互いに幸せ」という関係性を目指すことです。

7つの習慣7つの習慣【自立と相互依存】一流の人が読んでいる、人格形成のための必読書|本当に自分を好きになる習慣

 

幸せに生きていくことを考えたとき、他者との関係性作りは、どうしても避けて通れないんですね。

 

でも、人間関係は苦手なんだよ……

 

人間関係が苦手なのは、関係性の中で、「自分には価値がない」と感じてしまうからです。

社交が嫌いというよりも、「価値がないと感じてしまう自分」が嫌いなんですよね。

 

「自分には価値がない」と思うとき、自分を嫌いになる

この自分に「価値」があるとは、とうてい思えない

  • 「自分には価値がない」と思うから、「こんな自分」と感じる
  • 「自分には価値がない」と思うから、「自分はダメ」と感じる
  • 「自分には価値がない」と思うから、自信がない

 

「自分には価値がない」と思っていれば、当然、自信もやる気も失ってしまいますよね。

 

「自分に価値がある」と思えないと、どうなる?

  • 自分に自信がもてない
  • 「こんな自分」「どうせ自分なんて」と思う
  • 自分はダメ人間だと思う
  • やる気も出ない
  • こんな自分を、好きになれるわけがない!

 

「自分には価値がない」とは、「自分は役立たずだ」という思い

他者の中で、「誰の役にも立ってない」と感じることが、「自分には価値がない」という気持ちの正体です。

 

そして。

「自分は役立たずだ」と思うから、自分を嫌いになる

会社で、「自分は部品のようだ」と感じると、むなしくなりますよね。

家庭で、「自分は家政婦のようだ」と感じると、寂しくなります。

 

「何の役にも立っていない」という思いは、つらく寂しいもの。

そんな思いが積み重なって、人は自分を嫌いになります。

 

ずっと抑えていたけれど、どこかの時点で火がついてしまった

何かのきっかけで、思ってしまったのです。

「自分は役立たずだ」と。

「誰からも必要とされてないんだ」と。

 

人間関係の苦しみの中で、自分を嫌いになってしまったんだな……

 

であるならば。

自分を好きになるための方法は、ひとつしかありません。

 

もういちど、人間関係へ踏み出すこと

人間関係の中で、「自分には価値がある」と感じること

 

嫌われるかもしれないし、傷つくかもしれないけれど。

それでも、他者の中に踏み出すことでしか「幸せ」は見いだせない。

「嫌われる勇気」とは、「自分を好きになる勇気」なのです。

人間関係は、自分を好きになるための課題

トラウマは幻想

私たちは、人間関係から逃げているせいで、自分を好きになれないのでしょうか。

それとも、自分を好きになれないせいで、人間関係から逃げるのでしょうか。

 

人間関係から逃げたくなるときって、どんなときでしょう?

それは……

 

 

傷つくことが怖いとき

 

 

ですよね。

怖くなければ、逃げる必要はないからです。

 

POINT
  • 人間関係から逃げたいと思うとき。
  • 人間関係が面倒に感じるとき。

あなたの心は、「傷つくことを怖がっている」のです。

 

では、なぜ「人間関係で傷つく」と思っているのでしょう?

当然のことですが、「傷ついた経験」があるからです。

「過去の経験」が、「現在の恐怖」です。

 

要するに。

 

最初は、逃げていなかった。

 

「傷ついた経験」があるということは、「逃げなかった経験」もあるということです。

 

その証拠に、赤ちゃんは全員に笑顔を振りまいている

「自分なんて」と思っている赤ちゃんは、いないのです。

最初は誰もが、笑顔で応じていたし、自分のことも周囲のことも好きだった。

「人見知り」という傾向はあるにしても、必要以上に怖がることはありませんでした。

 

でも、あるときに経験してしまった

 

人と関わると、自分が傷つくことを。

 

そこから、逃げるようになりました。

できるだけ近づきたくないと思うようになったのです。

 

最初に逃げたのは、自分だった

逃げたから、自分の価値がわからなくなった。

逃げたから、自分を好きになれなくなった。

逃げたから、自分のやりたいことが、見つからない。

 

すべては、逃げたことが原因。

「傷ついた経験」は、きっかけにすぎません。

最初に逃げたのは、自分なのです。

 

だからアドラーは、「トラウマを否定」します。

 

「人間関係から逃げるため」に、トラウマを作り出した

「自分が逃げた」という事実を、考えたくない。

「自分のせい」にしたくない。

 

だから、「トラウマのせい」にする。

 

トラウマには目的がある。

「人間関係から逃げるため」という目的が。

これが、アドラーの主張する「目的論」です。

 

でも、みんなが自分を傷つけたのは、事実なんだよ……

 

一部だけを見て、全体を判断しない

人生の目標

  1. 自立
    • 「私には能力がある」と思うこと
    • 自己受容
  2. 調和
    • 「他者は仲間である」と思うこと
    • 一部だけを見て、全体を判断しないこと
    • 他者信頼・他者貢献

 

過度の一般化

「調和」の中に、「一部だけを見て、全体を判断しないこと」とあります。

これは、心理学用語で「過度の一般化」と呼ばれるもの。

 

10人のうち、誰を大事にする?

よく聞く次の話は、ユダヤ教の教えです。

 

10人の人がいるとして。

  • 1人は、あなたを批判する
  • 2人は、受け入れあって親友になれる
  • 7人は、どちらでもない人々

 

10人のうち……

批判してくる1人を、大事にしたいですか?

親友になれる2人を、大事にしたいですか?

どちらでもない人々を、大事にしたいですか?

 

ほとんどの人が、「批判する1人」に注目する

(あなたを笑ったり小馬鹿にする人は、)せいぜい「10人のうち1人」の範疇(はんちゅう)でしょう。しかも、そのような態度をとる愚かな人間など、こちらから関係を断ち切ってしまってかまわない。ところが、人生の調和を欠いていると、その1人にだけ注目して「みんなわたしを笑っている」と考えてしまうのです。

(嫌われる勇気)

 

「みんな」とは、何人なのでしょう?

研究では、「3人」いれば、「みんな」だと思うことが、わかっているようです。

 

通常、3人で「みんな」になる

  • 1人だけでは、「この人だけかもしれない」と思う
  • 2人だと、「こういう人、たまにいるよな」と思う
  • 3人目が現れたときに、「みんな、そうなんだ」と思い始める

 

通常でも、3人で「みんな」になる。

極端になると、1人でも「みんな」だと思う。

これが、「過度の一般化」です。

 

地球の人口約70億人のうち、何人?

自分を傷つけた人は、70億人のうち、何人いるのでしょう?

きちんとデータをとって、冷静に分析してみれば、わかるはずです。

「トラウマ」とは、とても偏った考えである、と。

 

対人関係がうまくいかないのは、吃音(きつおん)のせいでも、赤面症のせいでもありません。ほんとうは自己受容や他者信頼、または他者貢献ができていないことが問題なのに、どうでもいいはずのごく一部にだけ焦点を当てて、そこから世界全体を評価しようとしている。それは人生の調和を欠いた、誤ったライフスタイルなのです。

(嫌われる勇気)

 

トラウマとは
  • 人間関係から逃げることを目的に、自分で作りだした言い訳(=ウソ)
  • 過度の一般化による、偏った見方

 

偏った見方によって、自分で自分を不幸へと追いやってしまっている。

自分で自分に、ウソをついてしまっている。

とても、もったいないことをしている、と言えます。

このままの状態で立ち止まってはいけない

逃げてはならない、ということです。どれほど困難に思える関係であっても、向き合うことを回避し、先延ばしにしてはいけません。たとえ最終的にハサミで断ち切ることになったとしても、まずは向かい合う。いちばんいけないのは、「このまま」の状態で立ち止まることです。

(嫌われる勇気)

 

なぜ、逃げてはいけないのか?

 

最終的に、自分を嫌いになってしまうから

 

自分の存在価値がわからなくなり、自信とやる気を失い、何をやりたいのかもわからなくなる。

嫌われることを恐れるあまりに、自分で自分を嫌いになる。

とても矛盾した行動を、私たちはしてしまっているのです。

 

だからアドラーは、「人間関係」を「人生のタスク」とまで言うのです。

「向き合うべき課題」「逃げてはいけない課題」なのだと。

まとめ

「社会性を身につける」と、よくいいます。

学校や会社で集団生活を送るのは、社会性を身につけるためなのだ、と。

 

でも、本当に大事なのは、「社会性」よりも「自分を好きになる」こと。

 

自分を嫌いになってまで身につける「社会性」なんて、ほしくないですよね。

ウツになってまで頑張る必要が、どこにあるでしょう。

根性を出すことは、目的ではないのです。

自分を好きになるためには、ときに、つらい環境から離れる選択をすることもある。

 

目的はあくまでも、「自分を好きになるため」であって、無理して「社会性を身につけるため」ではないのです。

 

人間関係も、自分を好きになるため。

仕事をするのも、自分を好きになるため。

 

選択の基準はいつも、「これをやることで、自分を好きになれるだろうか?」という点におくこと。

 

「人間関係は人生のタスクである」という主張を最初に知ったときは、「根性論」なのだろうかと、誤解していました。

でも、そうじゃない。

大切な自分のために、自分が幸せを感じるために、向き合ったほうがいいことに勇気を出そうよ、ということなのです。

 

誰かとの競争ではないのです。

だから、パワハラやモラハラも当然、自分を好きになるためには、許しません。

誰かに見下されたり、バカにされたりしたら、怒っていい。

自分を好きになるために、「本気」と「勇気」を出すのです。

 

人の顔色をうかがうような「嫌われない生き方」をやめて、自分の幸せのために歩みだす。

そして、歩みだした先には、他者がいます。

そのとき初めて、本当の「調和」や「相互依存」が実現するのでしょう。

 

とりあえず最初の一歩は、「嫌われる勇気」ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です