【会話】言い返したい気持ちとのせめぎ合い~イラッとしたら、どうする?

コミュニケーション

相手の言葉に、「は? 何それ??」と、イラッとしたとき。

 

「なんなのよ!!」って言いたい気持ちを、グッと抑えて。

「どうして、そう感じたの?」と聞いてみる。

すると相手は、自分の気持ちを整理しながら話し始めるので、お互いに新しい発見が出てくる。

 

「あぁ~、感情的に言い返さなくてよかったぁ」って思うんだけど。

2回目のカベが、やってくる。

 

「あのさ、私はそういう意味で言ったんじゃなくてさ……」と、説明したくなってしまうのだ。

 

どれだけ柔らかい表現を心がけてみても、やっぱり責めてるように聞こえちゃうようだ。

「そうじゃない」ってことを、説明・説得するのは、どんな言葉を使おうとも、相手を正そうとする行為なんだ。

 

お互いに、理論で固められたくないよって気持ちになってくる。

説得されるのは、とっても不快なこと。

 

とはいえ、「私としてはこうだったんだよ」ってことも言わないと、伝わらないし……

 

「責めたいわけじゃないんだよ。

責任転嫁したいわけでもないんだよ。

ただ単純に、私の状況を伝えたいだけだから、聞いてくれるかなぁ~?」

と、まわりくど~い前提をつけながら、ゆっくりと話してみる。

 

すると、3回目のカベ。

 

「たしかに、言ってることは、わかるなぁ」と言われると、「でしょ、でしょ!!」と返したくなるのだ。

だったら、私の気持ちも理解しなさいよ、と。

 

その逆に、「こっちの気持ちもわかるよね?」って聞かれると、わかるんだけど、素直に「うん」と言えない。

 

会話が成り立たなくなるのは、お互いに、「私の気持ちを理解してよ」という目的がメインになるからであって。

相手を理解しようって心が消えてしまうからだ。

「そうだったんだぁ、ごめんね」って言葉が、なかなか出てこなくなる。

 

「いやいや、こっちだってさ……」って言い返したくなる気持ちとの、せめぎ合い。

 

一瞬、深呼吸をして、仕切り直す。

 

「そっちの気持ちも、よくわかった。受け止めてる。理解する。

ただ、私としては、こうだった。

それも、わかってくれるよね?

さて……、どうしようか」

 

やっとゴールが見えてくる。

 

ただし、一つだけデメリット。

 

「なんだか、分析試合みたいじゃない?」というセリフで笑いが起きると、もともとの問題点を忘れてしまう。

そして、笑いながら思う。

「なぜ、わかってくれないの」っていうのは、どーーでもいい悩みだったな、と。

 

ムダだとわかりつつも、「自分を理解してくれ」っていう争いが、止まらない。

どうしても、言い返したくなっちゃうんだよね。

深呼吸して、相手の気持ちも受け止めながら、ゆっくり話してみる。

「わかってなかった、ごめんね」と言いながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です