コミュニケーションする前の【4つのメモ書き】事前に言語化を

メモ書き

コミュニケーションのモヤモヤとは……

 

100%、思い込み!

 

思い込みをはずすために、自分で前もって言語化しておくことが効果的です。

 

「世界一シンプルなこころの整理法」(by 赤羽雄二)からご紹介。

 

コミュニケーションをスムーズにするメモ書き

とにかく、一番大事なのは、次の4つのメモ書き。

4つのメモ書き

  1. 相手の関心・ニーズは何?
  2. 相手にどうなってほしい?
  3. 相手にとって、効果的な言い方・やり方は?
  4. 相手から見て、自分はどう見える?

 

この4つを、自分で書いて言語化しておくと、とてもスムーズになります。

書いたことは、わざわざ相手に伝える必要はありません。

 

前もって、自分のスタンスを決めておくことです。

やってみると、とてもいいです。

相手のニーズは、あくまでも想像でしかありませんが、常に想像を働かせるということは大事。

また、「相手にどうなってほしいか」を自分の中で明確にしておくと、自然と接し方を考えるようになります。

例えば、相手に「もっとポジティブになってほしい」と思った時。

「じゃあ、そのために自分はどう関わればいいだろう?」と考えるようになります。

そうなってもらうために、自分はどういう言葉をかければいいか。

いろいろと考えるようになります。

 

前もって考えておこう

  • どうすれば言いたいことがうまく伝えられるのか
  • どういう時、言いたいことがうまく伝わるか
  • 言いたいことがうまく伝わらない時、何が問題なのか
  • 言いたいことが伝わるか伝わらないかは、相手によるのか
  • 自分の説明のしかたはどういう問題があるのか
  • もっとゆっくり説明するといいのか
  • もっと順序立てて説明すると違うのか
  • どこをどう変えると理解してもらえるのか
  • 説明がうまい人は誰か、どういう説明をしているか
  • 説明がうまい人はいつもうまいのか
  • 説明がへたな人は誰か、なぜへたなのか

コミュニケーションの基本7か条

  1. 上から目線で見ない
  2. 決して卑屈にならずに接する
  3. 真剣に関心をもち、相づちを入れながら、最後まで話を聞く
  4. 質問する
  5. 相手の知識・理解に合わせて、説明する
  6. 込み入ったメールをするときは、まずメモ書きをしてから
  7. メールへの返信は早めに

 

ただし!

  • 嫌いな人なら観察対象
  • 悪い相手なら付き合わない

 

好きなのか、嫌いなのか、悪い人なのか。

付き合い方の見極めは、重要です。

嫌いな人に一生懸命になることは、ないですね。

 

なお、質問のポイントは次の4つ。

  1. 事前リサーチが鉄則
  2. 質問したいことがあっても、まずは相手の話を聞く
  3. 相手のテンションが上がるような相づちを入れる
  4. 端的に・直球で・簡潔に聞く

 

遠慮せずに、なんでも聞いてしまったほうがいいそうです。

まとめ

コミュニケーションのモヤモヤは、ほぼ思い込み。

うまくいかないなら、その思い込みが間違っています。

4つのメモ書きは、自分の思い込みをはずす練習になるので、とっても効果的。

続けてみると、思ってもみなかったことが見方が、自分の中にできていきます。

 

  1. 相手の関心、ニーズは何?
  2. 相手にどうなってほしい?
  3. 相手にとって、効果的な言い方・やり方は?
  4. 相手から見て、自分はどう見える?

 

関連記事

自信がない【自信がない】他人の目が気になる人が自己肯定感を高めるには 劣等感劣等感で苦しいときに感情を書き出す6つの手順【アドラー心理学】 メモ書き上司へのイライラを解消する【メモ書き】上を見るより下を見る ゼロ秒思考【考えるコツ】異性とのコミュニケーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です