「メモ書き」で考える力を鍛えよう

頭は常に、モヤモヤしている

モヤモヤ

 

悩んでしまったり、立ち止まってしまうのは、モヤモヤしているせいです。

頭をスッキリさせて、前に進むためには、考える力をつけなくてはなりません。

「考える」とは、具体的に言うと、「書く」ことです。

私たちは「考える」トレーニングを受けてない

日本人は、考えるトレーニングを受けていません。

だから、考える力がないんですよね。

「思考は現実化する」といいますが、そもそも思考をしていないのです。

自分の言葉で語れますか?~考える力を取り戻そう

思考は現実化する【思考は現実化する】でも、そもそも思考をしていないよね?

 

だから、「よく考えろ」「深く考えろ」と言われても、できるわけがないのです。

 

まずは考えるトレーニングが必要だ

 

考える力を鍛えるのに有効なのは、次の3つです。

  1. メモ書き
  2. ポジティブ・フィードバック
  3. アクティブ・リスニング

1.「メモ書き」で考える力を鍛える

ゼロ秒思考考える力を鍛える【言語化の効用】モヤモヤを解消し心をコントロールする方法|ゼロ秒思考 by 赤羽雄二

自分の想いを文字にすることで、考える力を鍛えることができます

 

メモ書きの意義

  • 言葉にする(言語化する)訓練
  • 考える力を鍛える
  • 心のモヤモヤを解消する
  • 心をコントロールする
  • 問題を把握し、問題解決する

マコなり社長もススめる~「メモの魔力」よりも「ゼロ秒思考」

ゼロ秒思考マコなり社長も認める、「ゼロ秒思考」のメモ書きの効果

マコなり社長も「メモ書き」をススメています。

しかも「メモの魔力」よりも、「ゼロ秒思考」のメモ書きのほうが、簡単で継続しやすい、とのこと。

頭がモヤモヤする5大原因

自信がない自信をもつための7ステップ【モヤモヤ1】メモ書きで自己肯定感をアップする

劣等感メモ書き劣等感を卒業する6ステップ【モヤモヤ2】メモ書きで思い込みに気づく

上司メモ書き上司へのイライラが消える【モヤモヤ3】メモ書きで、上を見るより下を見る

コミュニケーションコミュニケーションをスムーズにする4ステップ【モヤモヤ4】メモ書きで人間関係が改善できる

異性メモ書き異性とのコミュニケーションをスムーズに【モヤモヤ5】メモ書きで違う生き物だと理解する

頭がモヤモヤする5大原因です。

それぞれメモ書きをすると、頭がスッキリしてきます。

自信のなさと劣等感が強い

特に、自信のなさと劣等感は、つよく関係してきますね。

成長思考自信を持つためのありとあらゆる工夫をする~「成長思考」

問いの立て方

「メモ書き」とは、自分自身に問いを投げかけることです。

問いの立て方には、いくつかのコツがあります。

メモ書きゼロ秒思考のメモ書き【問いの立て方3つ】深堀り・多面的・相手の立場

考え方言語化のために【What・Why・Howで問う】人生は問いで決まる

2.ポジティブ・フィードバック

ポジティブ・フィードバックポジティブ・フィードバック【今後求められる指導スタイル】怒らずにヤル気を引き出す方法

人が元気になるためには、ポジティブ・フィードバックが必要です。

肯定的にフィードバックをすることですね。

 

しかし、急に他人にポジティブ・フィードバックをしようと思っても、できません。

そこで、どうしたらいいかというと……

 

まずは、他者にしてもらおう

 

どうしたら他者にポジティブ・フィードバックをしてもらえるか?

そこを考え始めると、褒めてもらえる行動をする、感謝される行動をする、ということになります。

すると、必然的に、行動が能動的になります。

他人が発する言葉は、コントロールできないように思えますが、実は自分が作っています。

上から目線で言われたり、変な慰めを受けたりしてイヤな気分になるならば、それは自分が「かまってほしい」と思っているから。

「かまわれている」という自分の願いは達成しているので、ある意味、間違った幸せは成就している。

どういう言葉をかけてもらいたいかを、先に自分で決めているもの。

本当に自分が言われたいこと、自分の望みに気づくことが大事で、そのために、まずは書き出してみること。

書くだけでは変われない。でもやっぱり、励まされるだけでも変われない。

変わるためには、どう励まされたいか、本当はどうなりたいかを明確にしつつ、そのうえで人からの支援を受ける、という流れが必要なのだと感じた。

3.アクティブ・リスニング

アクティブリスニング相手に好かれる「話の聞き方」~アクティブ・リスニング

これもポジティブ・フィードバックと同じで。

アクティブリスニングなんて、できないし、したくない!と思っていたけれど。

まずは自分がしてしてもらえ

アクティブ・リスニングの効果は、かなり大きい。

受け止めてもらえているという安心感が、エネルギーに変わっていく。

聞いてもらうだけで、心がどんどん満たされる。

即断即決の力を磨く

優柔不断やためらいは、機会を損失しますよね。

パッと判断できるようになりたい。

そして、思いついたらパッと行動したいものです。

即断即決の力も、磨くことができるのです。

即断即決行動力を身につけるには【即断即決】優柔不断とためらいを克服する

観察力人間関係の悩みを解消する秘訣【観察力】相手をじっくりと見る

ゼロ秒思考ゼロ秒思考 行動編 即断即決、即実行のトレーニング|優柔不断を克服するフレームワークの力

 

当たり前ですが、動く速さが変わると、生活は一変しますね。

それだけ、チャンスをつかめるようになるからです。

リーダーシップを身につける

自己肯定感

リーダーシップに必要なものは、やはり自己肯定感。

自分を肯定できてないと、他人を肯定することもできないからですね。

リーダー自己肯定感はリーダーシップにも必要【リーダーの3要件】

コーチング力

コーチング力が重要です。

具体的には、アクティブ・リスニングとポジティブ・フィードバックができるようになると、コーチング力はアップします。

パワハラパワハラ上司を見極めよう【コーチング力】自分自身もリーダーシップを身につけるために

最速成長するために

20のスキルを身につけよう

今後、最速で成長しなければ、時代についていくことができなくなります。

生き残りをかけた20のスキルを参考にしてみてください。

最速成長10年後の人間は暇になる!真剣に考えねばならない【身につけるべき20のスキル】3年後に結果を出すための最速成長 by 赤羽雄二

変化できる人

環境や時代の変化に応じて、自分自身も変化していかなければなりませんね。

変化できる人とは、どういう人なのか?

これからの時代は「変化」は必須です。

変化できる人変化できる人 by 赤羽雄二|楽しく充実した人生を送りたいなら変化しよう

学ぶときに自己流アレンジはNG

よくやってしまいがちなのが、最初から自己流アレンジをしてしまうこと。

けれども、本当に腑に落ちるまでは、アレンジはしないことがポイント。

アレンジしてしまうと、結果的には遠回りになります。

まずは、言われたとおりに!

これを心がけましょう。

学び学びを成長に変えるために【自己流アレンジはしてもいいのか?】読書2冊まとめ

風姿花伝「風姿花伝」に学ぶ、技術の磨き方【離見の見】真似するの?自分で考えるの?さて、どっち?