【メモ書き】上司へのイライラを解消する|上を見るより下を見る

上司メモ書き

上司は変わらない。

「昆虫観察」だと思え!

これで、イライラは解消します。

 

「世界一シンプルなこころの整理法」(by 赤羽雄二)からご紹介。

 

頭がモヤモヤする主要原因は、次の5つ。

  1. 自信のなさ
  2. 劣等感
  3. 上司との軋轢
  4. コミュニケーションのギャップ
  5. 異性とのコミュニケーション

ここでは、異性とのコミュニケーションについてまとめます。

 

あまりにも理不尽だ

 

どれだけ嘆いても、上司は変わりません。

下から上をコントロールするのは、無理があります。

ならば、「昆虫観察」だと思ってしまおう。

自分にとって、どういう人なのか?~見極めが大事!

人間関係で悩んだ場合、何よりもまず大事なこと!

 

見極め

 

目の前の相手は、自分にとってどういう人なのか、それを見極めることができれば、悩みの半分は解決します。

 

見極めのポイントは3つ。

 

  1. 好きな人
  2. 嫌いな人
  3. 悪い人

 

1.好きな人ならアクティブ・リスニング

好きな人、大切な人、関係を深めたい人なら、アクティブ・リスニングでじっくり聞くことがオススメ。

相手の話を全部聞く。

アドバイスは一切しない。

これを続けるだけでも、かなり信頼関係が構築できます。

2.嫌いな人なら昆虫観察!

嫌いな人、どうしても嫌悪感を抱いてしまう人、生理的に合わない人、相性の合わない人。

世の中には好きな人だけではない。

当然、います。嫌いな人。

 

その場合は……

 

 

昆虫観察だと思え!

 

 

人間観察でもまだ足りない。

どうしても嫌いなんだから、「昆虫」だと思って観察すれば、グッと心がラクになります。

 

「努力は楽しいもの」

「努力はツライもの」というのは、ただの思い込み。

「努力は楽しいもの」に変えたほうが、断然、長続きします。

 

だから、「努力は楽しいもの」に変える工夫としての、「昆虫観察」という考え方です。

人間蔑視という意味ではありません。

 

また、相手にわざわざ「昆虫だ」と伝える必要もない。

あくまで、自分のなかで楽しんでいればいいのです。

そうすると、自然と、相手との接し方も変わっていきます。

だんだんと穏やかになっていくので、もしかしたら関係性自体が変化するかもしれません。

 

特に上司をコントロールすることはできないので、理不尽な上司に出会ったら、すべて自分の中の「昆虫図鑑」に入れていきましょう。

3.悪い人なら、徹底的に避ける

好きとか嫌いの次元ではなく、本当に「悪い人」もいます。

悪意のある人、おとしめようとしてくる人、意地悪をしてくる人。

そういう人とは、そもそも関わらない。

うまいこと逃げる。避ける。

真正面からぶつからないのが賢明ですね。

上司は変えられない

上司への愚痴で、時間をムダにしないこと!

下から上を変えるのは、とても困難なことです。

上司をコントロールすることはできません。

そこは、あきらめが肝心。

 

上に対しては、やはり、相手の喜ぶことをしておくのが一番スムーズにいきます。

迎合するという意味ではなく、そのほうが結果的に、自分もよくなります。

 

 

上司への愚痴は、時間の無駄づかいでしかない!

 

 

上司に対しては、次のような心づもりで。

 

  • イライラするなら、昆虫観察だと思え!
  • 上司は変えられない
  • 上司をコントロールすることはできない
  • 上司への愚痴で時間をムダにしない
  • 上司へのモヤモヤを全部書き出し、悪循環をストップする
  • 上司との関係は、本質的には不安定なもの
  • 部下が常に意識して健全さを維持すべき
  • 上司が何を高く評価するのか観察し、極力それに合わせた仕事をする
  • 「どうせ評価されない」と言うのは、ただの「かまってちゃん」
  • かまってちゃんは、ダダをこねて注目を浴びたいだけ
  • かまってちゃんは、会社にとってはお荷物でしかない
  • 人に感謝され、自分でも頑張ったと言えるような仕事を選ぶ
  • 仕事の中でできる限り、自己肯定感を得られるように意識する

 

メモ書きしよう

メモ書きについて

メモ書きストレスを解消するメモ書きの方法【1日10分】ゼロ秒思考

問いの立て方3つ(深堀り・多面的・相手の立場から)

メモ書きメモ書きの3つの問いの立て方【言語化のために】深堀り・多面的・相手の立場

考えるときは、What・Why・Howを活用する

考え方言語化のために【What・Why・Howで問う】人生は問いで決まる

深堀りのメモ書き

「なぜ・・・なのか?」と書き、どんどん掘り下げていくメモ書きです。

・自分はなぜ、上司とコミュニケーションできないのか
-Aだから
-Bだから
-Cだから
-Dだから


新たにメモ書き4つ。

・Aを、何とかできないか
・Bは、どうすべきか
・Cは、どうすればできるようになるか
・Dを、どうとらえるか


さらに深掘りメモ書き

多面的なメモ書き

深堀りと同時に、効果的なのは、多面的に書くこと。

あらゆる角度から、あらゆる見方をしてみることです。

 

  • 上司には、どんないいところがあるのか
  • 上司の欠点は何か
  • 上司は自分のことをどう評価しているのか
  • 上司は自分のどういうところはあまり評価していないか
  • 上司の好む仕事のやり方は
  • 上司が望まない仕事のやり方、コミュニケーションのしかたは
  • 上司とはどういうコミュニケーションをすべきなのか
  • 上司の機嫌が悪い時、どうやってやり過ごすべきか
  • 上司は、他の社員に対しては、もう少し優しいのではないか
  • 上司はそもそも何を考えているのか
  • 上司とうまくやっている同僚は何がうまいのか
  • 上司と一番折り合いの悪い部下は
  • どういう時、上司とのコミュニケーションがうまくいかないのか
  • どういう時、上司とのコミュニケーションがうまくいくのか
  • 上司とのコミュニケーションをいつもうまくできる部下はどうしているか
  • 上司とのコミュニケーションをいつもうまくできない部下は何が問題か
  • 自分の上司とのコミュニケーションを客観的に見るとどう見えるか
  • 上司にはどういう悩みがあるのか
  • 上司のコミュニケーションスタイルはどうやってできあがったのか
  • 上司は何をコントロールしようとしているか
  • 上司が苦手なコミュニケーションのすたいるは
  • 上司は部下に対してどう考えているか
  • 自分はこれからどう変えていくべきか

 

まとめ

とにかく、「自分にとって」どういう人間関係を築きたいのかが、もっとも重要!

その見極めは、こうです。

 

  1. 好きな人なら、アクティブ・リスニング
  2. 嫌いな人なら、昆虫観察
  3. 悪い人なら、そもそも避ける

 

そして、メモに全てを書き出して、スッキリしましょう。

心がスッキリしてくると、接し方に余裕が出てきます。

余裕が出るから、人間関係も自然と改善してきます。

 

ということで。

 

memo
上司は変えられない!

どうしてもイライラするなら昆虫観察で!

 

\モヤモヤ・シリーズ /

自信がない「自信がない」そんなときは……【自己肯定感を高めるレッスン】 劣等感劣等感で苦しいときに感情を書き出す6つの手順【アドラー心理学】 コミュニケーション【メモ書き】人間関係が改善するコミュニケーションの4ステップ 異性メモ書き【メモ書き】異性とのコミュニケーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です