ブロックチェーンでできること、できないこと

仕事

ブロックチェーンの仕組みと強みは何か?

そして、ブロックチェーン技術に向くものとは何か?

 

基本的には、次のことが大きな特徴のようです。

  • ブロックを全員で共有する
  • 中央集権的な管理が必要ない
  • データを改ざんされる危険がない
  • 価値交換を自動化できる

 

簡単にまとめます。

ブロックチェーンの基本的な仕組み

現実世界の出来事をデータ化する

データからトランザクション(取引履歴)を生成する

トランザクションを束にしてブロックにする

ブロック追加後、他のユーザーにブロックを転送して全員で共有

ブロックが転送されてきたら正当性を検証し、ブロックを確定

 

ブロックとは、「取引履歴の束」だということです。

そして、そのブロックを全員で共有するため、管理者が必要ないのです。

ブロックチェーン技術の強み

管理者が必要ない

管理者とは、システムに指令を送り、あらゆる追加・変更・削除ができる人のことを指します。

それに対してユーザーとは、認められた指令のみを行える人のこと。

 

しかし、ブロックチェーン技術を用いたシステムなら、管理者が必要なくなるということです。

インプットされた情報は取り消しできない

現状、ネットの世界では、どれが正しい情報かがわかりません。

勝手に修正されてしまったりしますよね。

 

ブロックチェーンでは、取り消しができないことが大きな特徴となります。

取り消しができないからこそ、信頼性が強くなります。

 

万が一、間違った情報をインプットしてしまった場合は、データを追加することで、訂正をすることになるようです。

改ざんが極めて難しい

全員でブロックを共有する、取り消しができない等の特徴により、データの改ざんが極めて難しくなります。

本当に信用できるデータしかないとしたら、こんなに安心できることはありませんね。

ブロックチェーン技術を用いたビジネス上の利点

スマートコントラクトを用いた、価値交換の自動化

人手も不要。中央集権的なシステムも不要。

自動的に、情報やトークンの交換ができます。

 

例えば……

飛行機が遅延したときには、遅延保険のスマートコントラクトが自動的に動き、保険金がトークンで支払われる

 

これなら、人件費も、余計な労力も、削減できますね。

自動で動いてくれるのです。

システム自体で、インセンティブを生み出す仕組みが作れる

会社が販売手数料などを支払わなくても、ユーザーに行動するインセンティブを与えることができるようになります。

セキュリティにかけるコストが減らせる

データの改ざんが困難なため、セキュリティにかけるコストを減らすことができます。

なりすましや、乗っ取りなども、お金をかけずとも防げるというわけです。

ブロックチェーン技術が向くもの・向かないもの

向くもの

(現時点では)スピードよりもデータの信頼性が重視されるものが向いているといわれています。

 

例えば……

  • 無数のユーザーが送受信する通貨の処理(Bitcoinなど)
  • サプライチェーンや貿易など、多数のユーザーが複雑に関与するトレーサビリティの証明

向いてないもの

リアルタイム性が高いもの、更新頻度が多いもの、サービスに必要な情報がデジタル化できないものは、向いてないといわれています。

 

例えば……

  • 厳しいリアルタイム性(0.01秒以上の速度)が求められるIoT機器との連携処理
  • モビリティとの連携処理(移動が伴うため、リアルタイム性が重要)

ブロックチェーン技術を使うべきでない場合・使ったほうがいい場合

使うべきでない場合

1.ユーザーに、複数の異なる利害関係人がおらず、信頼できる人しかいないもの

例えば……

社内でのみ使う業務システム

 

2.データのデジタル化が困難なもの

例えば……

途中で加工される物のトレーサビリティ

 

3.データとして重要でないもの、一度書き込まれると回復困難な損害を与えるもの

例えば……

監査する必要がないデータ→利用価値が想定できない

違法なデータ→取り消しできないので大損害になる

使ったほうがいい場合

1.ユーザーに複数の異なる信頼できない利害関係人がおり、データ更新を複数の関係者が行うもの

例えば……

社内で使う業務システムへの書き込みを、社外の人もできるようにして業務効率化を図る

2.IoTセンサーを使うなどして、デジタル化を目指す

これが、ブロックチェーンビジネスの肝!

後で利用・監査する必要のあるデータを管理する場合

このデータは価値がないと決めつけるのは要注意。

まとめ

「データが改ざんされない」という利点を活かすことが重要なようです。

信頼関係のない人同士でデータを共有する場合、ブロックチェーン技術が有効ということですね。

そして、中央集権化が不要になり、セキュリティにかけるコストも減らせるため、今まではできなかったことができるようになりそうな予感です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です