アドラー心理学【他人の目が】気になる理由って?

アドラー心理学

 

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

 

「課題の分離」ができないと、人の目が気になる

なぜ、他者の視線が気になるのか? アドラー心理学の答えは簡単です。あなたはまだ、課題の分離ができていない。本来は他者の課題であるはずのことまで、「自分の課題」だと思い込んでいる。

 

わかりやすい例で、「馬に水を飲ませる」という話があります。

  • 自分の課題:馬を水辺に連れていく
  • 相手の課題:水を飲む

 

自分の課題としては、水辺に連れていくところまで。

 

これは、相手の課題への介入
  • 「せっかく、やってあげたのに」
    • 「私の好意を無視した」
    • 「なんで飲まないの!」
  • 「あの人が◯◯できないのは、私のせいだ」

 

変わるのは「私」だけ

わたしが変わったところで、変わるのは「わたし」だけです。その結果として相手がどうなるかはわからないし、自分の関与できるところではない。これも課題の分離ですね。

 

よく言いますよね。

「自分が変われば、相手も変わる」と。

 

でも……

  • 自分の成長
    • 自分の課題
    • 相手の課題ではない
  • 相手の成長
    • 相手の課題
    • 自分の課題ではない

 

「自分の成長」に集中すること。

 

 

参考図書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です