アドラー心理学【目的論】今を生きれば「やりたいこと」は見つかる|トラウマに負ければ勝ち

アドラー心理学

過去ばかり見て、今を生きられないというのは、勘違い。

私たちは十分に、今の目的を重視している。

 

違う。過去に執着し、トラウマにとらわれて、未来を向くことができないんだよ……。

 

トラウマにとらわれているのではありません。

 

自分を好きにならないという目的を達成するために、長所を見ないで短所だけに注目している。

(嫌われる勇気)

 

つまり。

 

「やりたいことが見つからない」のではなく、「やりたいこと」はもう、実現している

 

もしも、今の自分を変えたいと思うなら、今の目的を「否定する勇気」を持つこと。

 

さて、今、自分が大事にしている人生の目的とは、何なのでしょうか?

 

嫌われる勇気

 

「嫌われる勇気」by 岸見 一郎,古賀 史健

トラウマと憎しみを抱えるワケとは

自分を責めるクセが、経験をトラウマに変える

自分を責めるクセのある人は、要注意です。

 

自分を責めることには、とっても大きいメリットがあるため、やめられません。

 

そのメリットは何かというと……

 

自分は本当は「いい人」なのだと思える

(悪いのはトラウマだから)

 

自分を責めるメリット

  • 「自分を責めるくらい、いい人なんだ」とアピールできる
  • 「自分を責めるほど苦しんでいるから、こんな自分を許してほしい」と思える
  • 「そんなに責めなくていい」と励ましてもらえる
  • 同情してもらえる

 

でも。

「自分のせい」にし続けるのは、とてもツラい

 

だから。

最終的には「トラウマのせい」にします。

「トラウマのせい」にすることで、「自分のせい」から脱出しようとする。

 

つまり。

自分を責める人は、本当は自分を責めていない

自分を責め続けることは、あまりにもツライから、最後は「トラウマのせい」にしてしまうのです。

要するに、外部の世界(他者や環境や経験)を、憎むようになるのです。

 

POINT

自分を責めるクセのある人は、要注意!

いつしかトラウマを作り出し、ウツ状態になる。

外部の世界に対して、憎しみを抱くようになる。

 

自分を責めるとは、それくらい怖いことです。

 

経験という「材料」で、自分が料理をする

アリストテレスの「四原因説」

哲学者・アリストテレスは、物事の「原因」を4つに分けました。

料理にたとえてみます。

 

質料因(しつりょういん)
材料(もともとの形)
食材、調味料など
起動因(きどういん)
行動(それを、どうする)
切る、焼く、揚げるなど
形相因(けいそういん)
形(出来上がりイメージ)
参考レシピや、頭の中の想像
目的因(もくてきいん)
目的(それは、なんのため)
「料理をしたい」という気持ち

 

目的こそ、本当の原因

4つの原因のうち、「材料・行動・形」は、きっかけにすぎません。

 

  • 材料がなければ、そもそも料理はできない
  • 切る・焼くという行動がなければ、仕上がらない
  • 最終形のイメージがなければ、形にできない

 

だから、環境が作っているのは事実。

 

でも、結局のところは……

 

人は、「目的」がなければ、決して動かない

 

「料理したい」「料理しなきゃ」という気持ちがなければ、材料があっても料理はしないのです。

 

「できるかできないか」はきっかけ、「するかしないか」が目的

4つの原因は、「できない」と「しない」の関係に分類することができます。

  • 「材料」「行動」「形」がなければ……
    • 料理はできない
    • 依存的(環境で決まる)
  • 「目的」がなければ……
    • 料理はしない
    • 主体的(自分で決まる)

 

「目的」のみが、「主体的」ですね。

 

「過去の経験」はきっかけ、「トラウマにした」のは目的

「過去の経験」という材料がなければ、トラウマを抱えることは、なかった。

 

でも。

そこに、主体的な目的を与えたのは、自分です。

「トラウマのせいにしよう」と、決めた自分がいる。

 

アドラーは、「トラウマ論」を否定し、「目的論」をかかげます。

人は、「目的」に向かって動いている

人は過去の原因に突き動かされるのではなく、自らの定めた目的に向かって動いているのです。

 

「言い訳」と「ウソ」

  • 「相手を許せない」のは、逃げるための「言い訳」
  • 「相手の欠点が気になる」のは、「ウソ」

 

「許せない」のは、言い訳にすぎない

「相手の欠点が気になる」のは、ウソである

 

人は、「傷つきたくない」「対人関係から逃げたい」という目的があるとき、「言い訳」と「ウソ」を多用します。

 

「相手の欠点」が気になってるわけではない

たとえば、同じことをされても、Aさんにはムカつくけど、Bさんには笑えるということがありますよね。

だから、欠点が嫌いなのではなく、「Aさんを嫌いになること」が目的なのです。

 

じゃあ、「自分の欠点」を見ることにも、目的があるのか?

 

実は、自分をずっと嫌いでいたいのです。

 

「自分を好きにならないでおこう」という決心

短所ばかりが目についてしまうのは、あなたが「自分を好きにならないでおこう」と、決心しているからです。自分を好きにならないという目的を達成するために、長所を見ないで短所だけに注目している。

 

え? 自分を好きになれないから、悩んでるんだよ?

 

私たちは、「自分を好きになれない」ことで、悩みます。

けれども、「自分を嫌いでいたい」。

 

「悩み」と「目的」に矛盾が生じるから、頭がモヤモヤする

アクセルとブレーキを、同時に踏んでいる状態。

だから、進みたくても進めないんですね。

 

では、なぜ、「自分を好きにならないでおこう」と決心してしまったのでしょうか?

 

「自分を嫌いでいる」ことのメリット(目的)

自分を嫌いでいるメリット

  • 他者から嫌われない
    • その前に自分で嫌う
  • 他者から否定されない
    • その前に自分で否定する
  • 他者に傷つけられない
    • その前に自分で傷つける
    • エスカレートすると自傷行為になる

 

メリットが大きいので、目的を、なかなか変えられません。

 

なお、過去に原因を求めることは、仏教の因果論も同じです。

 

ただし。

仏教も実は、過去の因果を説いているのではありません。

仏教の因果論とアドラーの目的論は、希望を説く

過去の因果論と、未来の因果論

仏教の因果論には、2つの意味があります。

  1. 過去の因果
    • 原因は「過去」 →  結果が「現在」
  2. 未来の因果
    • 原因は「現在」 →  結果が「未来」

 

現在の自分の姿は、「過去の行動」によって決定された。

 

だから。

生まれながらにして、差別が生じる

  • なぜ、貧乏な家に生まれたのか?
  • なぜ、この容姿で生まれたのか?

 

すべては、過去世で、自分が原因を作ってきたからです。

 

自分のおこないが悪かったから?

一般的にも、「日頃のおこないが悪かった」と言いますね。

それが、日頃だけではなく。

なんと過去世から、延々と!

無数の「おこない」を、繰り越し続けているのです。

 

「原因のない結果はありえない」というのが、仏教の立場。

 

ただし、過去に原因を見ることは、「トラウマ論」と同じで、さまざまな弊害をもたらします。

 

過去の原因から生まれるのが、「あきらめ」

過去によって現在が決定されているのなら、私たちはもう、どうすることもできません。

あきらめるしか、ない。

もしくは、仏や神様に救ってもらうしか、ありません。

 

仏教に、どこか「厭世(えんせい)観」がただよっていたり、暗いイメージがしたりするのは、そのためです。

 

あきらめて、仏にすがりたい

「おすがり信仰」と思われている理由も、「あきらめ」「救ってもらいたい」という人が多いからです。

 

また、「救われたい」という心を利用して、お金儲けに走るようにもなります。

仏教に限らず、宗教はどんどん形骸化していくもの。

 

しかし。

釈迦が本当に説きたかったのは、「過去の因果」ではない

強調しているのは、「未来に向かう因果」のほう。

おすがり信仰を作りたかったわけでは、ないのです。

 

現在の原因から生まれるのが、「希望」

2つの因果論

  1. 過去の因果
    • 原因は「過去」 →  結果が「現在」
  2. 未来の因果
    • 原因は「現在」 →  結果が「未来」

 

2つのうち、本当に釈迦が言いたいのは、未来の因果のほう。

 

たしかに、現在は「過去の結果」であるのは事実

「食べすぎたから、太った」というように。

「原因 → 結果」は、誰も否定できません。

 

だけど、過去の原因ばかりを見つめていても、あきらめたくなったり、すがりたくなったりするだけ。

 

POINT
過去を見つめたら、「あきらめ」感が出てくるのは、当たり前。

だから、今を見つめ、未来へ向かおう。

 

大事なのは、「未来」をどうしたいのか

いま現在の行動が「原因」となって、「未来」に結果が現れる

「未来」という目的があるからこそ、「今の行動」があります。

 

  • だから、「今」を変えよう
  • 「今」、幸せになろう

 

これが、仏教の「因果」の本質であり、アドラーの「目的論」なのです。

 

  • 今、自分は、どこへ向かおうとしているのか?
  • どういう未来を実現したいのか?
  • そのために、「今」、できることは何か?

 

常に「今」から「未来」へ。

暗いイメージでしかない仏教ですが、実は明るくポジティブなもの。

アドラーの「目的論」も同じです。

 

POINT
人はすべて、「目的」で動いている。

だから、悪い「目的」では、悪いまま。

 

じゃあ、自分を変えるとは、目的を変えるってことなのか。

 

「性格」ではなく、「目的」を変える

性格を変える努力は、徒労に終わる

今の自分は、「性格」によって決定されるのではなく、「目的」によっています。

 

ということは。

「性格を変える努力」はしなくてもいい

性格ではなく、目的さえ変われば、行動が変わるから。

 

そもそも、性格を変えるのは非常にツラいので、挫折しがち。

挫折を重ねてしまうと、それこそトラウマだと思ってしまいたくなります。

 

経験に意味を与えているのは、自分である

われわれは過去の経験に「どのような意味を与えるか」によって、自らの生を決定している。人生とは誰かに与えられるものではなく、自ら選択するものであり、自分がどう生きるかを選ぶのは自分なのです。

 

人生に、自分が「意味づけ」をしている

「どんな意味があるのだろう?」ではなく。

「自分は、どんな意味を与えたいか?」

 

考えに考えた結果、今の「意味」を積極的に選んでいます。

すべては、自分の選択であり、決定。

 

経験・現象のほうから、「意味」を与えられたのではありません。

 

私は、このことを知ったときは、かなり暗い気持ちになりました。

「全部、自分で選んだ」と言われると、自己卑下したくなるものです。

 

だけど。

発想を変えてみればいい。

「自分で決めている」とは、実はすごいことなのですから。

 

経験に左右されずに決める能力を、持っている

自分で「意味」を決め、自分で設定した「目的」に従っているということは……

 

私たちは、「経験」「出来事」「トラウマ」に振り回されているわけではないということ

 

すべては自分が決めているからです。

 

「主体的に生きる能力」を、すでに行使している

目的が先だったとは衝撃ですが、「自分で決める能力がある」と考えれば、自信がわいてきます。

 

アドラー心理学でいう、私たちの人生の目標のひとつは、「わたしには能力がある、という意識をもつこと」。

 

能力があると思えれば、もう一度、再選択・再決断をするだけ

再選択・再決断をすることを、アドラーは、「ライフスタイルを変える」という言い方をします。

そして、自分で選択する能力を必ず持っている。

 

性格を変える必要はない、ライフスタイル(=視点)を変えるだけ

 

それが、次の話

 

まとめ

人生、「負けるが勝ち」

自分の人生の目的は、いったい何?

  • 「自分のせい」にしたくない
  • 対人関係で傷つきたくない
  • 同情されたい
  • 「自分はいい人」でありたい
  • 「言い訳」がほしい

 

だから。

「やりたいことが、わからない」というのは、実は勘違い。

 

「やりたいこと」は、すでにやっている

「やりたいこと」も、「生きる目的」も、ただひとつ。

 

傷つきたくない

 

長い間、その目的に生きていたので、それ以外の目的がわからないのです。

 

そして、「傷つきたくない」という目的は達成しているので、今の自分は、成功した自分です。

だとしたら、ほかに「やりたいこと」なんて、なくて当たり前。

 

「傷つきたくない」という目的を抱えながら、「やりたいこと探し」は不可能

目的はすでに達成しているのに、「目的を探したい」というのは矛盾。

 

だから、「自分探し」や「やりたいこと探し」をする前に、今、自分が大事に抱えている「目的」は何なのかに気づかなければなりません。

 

過去の経験・トラウマは、まったく関係ない。

「目的」さえ変われば、悩みは解消するのです。

 

因果論は真実。けれども暗くなりやすい

アドラーは、「原因論」をスパッと否定しますが、個人的にはやはり、「因果」は真実だと考えています。

今の自分は、あくまでも、過去の結果。

 

ただし。

トラウマを否定しないと、過去への執着が断ち切れない

アドラーが「原因論」を否定したのは、それほど、過去に執着する人が多いからなのでしょう。

「原因」を切り捨てるくらいに考えないと、なかなか、過去の執着を手放せません。

 

「原因」を見つめ始めると、人は、ネガティブなほうへと考えがち

  • 「原因」を考える
    • 「過去」に目がいく
    • ネガティブになる
  • 「目的」を考える
    • 「未来」に目がいく
    • 気分は明るくなる

 

ならば、どっちを選びたいか?

「目的」を考えたほうが、変わりやすくなります。

 

今の「目的」を、否定する勇気をもつ

トラウマの否定は、とても勇気がいることです。

「今までの自分が間違っていた」ことを認めなければならないから。

 

誰かに命令されて、すぐに認められるほど、素直になれるわけがない。

 

変われないのは、能力の問題ではありません。

負けたくないからです。

 

でも……

 

負けてもいいではありませんか

素直になれないというよりは、素直にならないでおこうと決心しているのです。なぜそんな決心をするかというと、負けたように感じるからです。

自分に非があるのは明らかなのに素直に謝れないという時、その人は謝れば負けたことになると考えているのです。ですが、負けてもいいではありませんか。

(アドラー 愛とためらいの哲学)

 

負けたように感じてしまうと、素直になれない。

なぜか、屈辱的な気分になってしまいます。

 

それでも。

幸福とは、「負ける」なかにある

幸福になるとは、「勝ち」に執着することではないはず。

むしろ、「負け」を認めたほうが幸福。

 

もう、「白旗」を上げることでしか、新しい時代は開けないのです。

降参するしか、ありません。

 

降参しないと、戦争は終わらない

ムダな戦争がなくならないのは、誰も降参したくないからでしょう。

まずは、自分の中での戦争に、白旗を上げなければなりません。

勇気を出して。

 

もう、「トラウマ」は必要ない。

自分の過去に、白旗を上げよう。

必ず、新しい自分に出会えます。

 

人生は、きっと、「負けるが勝ち」

 

ということで。

 

memo
  • 今の悩みの目的は何だろう?
  • 自分を嫌いでいたいのではないか?
  • トラウマは言い訳なのではないか?
  • 目的を再選択できるだろうか?
  • 「負けたくない」と、執着しているのでは?

 

関連記事

トラウマ人生に因果関係はない【過去はどうでもいい】常に、今という「独立した点」を踊るだけ|アドラー心理学 ハーバード大学の心理学講義本当の自分って?【性格よりも大事なもの】自分を偽ってる気がするときの対処法 2日で人生が変わる「箱」の法則 人間関係のモヤモヤを解決するために箱の法則【自己正当化をやめると】生きる目的とコミュニケーションが変わる ラッセル幸せは「つまらないこと」の中にある【マインドフルネス】の先駆け・ラッセルの幸福論 アドラー心理学アドラー心理学【貢献感】承認欲求から解放されたければ貢献をやめるべし 嫌われる勇気アドラー心理学【嫌われる勇気とは?】人間関係は自分を好きになるための課題 アドラー心理学アドラー心理学【人生の目的と幸福】幸せって、いったい何?

 

参考図書

2057

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です