アクティブリスニングとアイメッセージの使い分け

ヒアリング・リスニング

相手が悩んでいるときは、アクティブ・リスニング。

自分が困っているときは、アイメッセージ。

 

一番尊敬されるのは、予防のアイメッセージ。

つまり、自分の失敗談を、相手のために語ってあげること。

 

アイメッセージ

 

アイメッセージ

 

アクティブリスニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です