パラダイム転換したいなら、アウトプットを加速させよう

パラダイム転換

7つの習慣では、パラダイム転換ということが強調されている。

自分自身の、「世界を見る見方」を変えよう、と。

思い込みや勘違いも、自分のもっているパラダイム。

自分の見方や考え方が変わることを、パラダイム転換という。

まずは自分のパラダイムを把握する

パラダイム転換は、なかなか難しい。

 

まずは、自分のパラダイムが何なのかってことを自覚しなければならない。

 

自分のパラダイムを自覚しないと、他者のパラダイムにも思いをはせることができないから。

 

自分には自分のパラダイム、他者には他者のパラダイムがある。

 

それがわからないと、コミュニケーションにおいて不都合が生じてくる。

 

自分のパラダイムを自覚する、すなわち自己客観視すること。

 

一流の人は、自己客観視が驚くほどうまい。

 

感情のコントロールも、思考力を発揮するのも、客観視がないとできない。

 

「自覚」の力は、誰もが持っているもので、発揮しようと思えば必ず発揮できるらしい。

 

では、「自覚」の力をどうすれば発揮できるのか?

 

一番いい方法は、「アウトプット」だ。

アウトプットとパラダイム転換の関係

アウトプットをする

自分のパラダイムが自覚できる

自分のパラダイムが、周囲にどう影響するかがわかる

自分のパラダイムに責任をもつようになる

他者のパラダイムも見えるようになる

他者の意見を聞けるようになる

 

他者の意見を聞けるようになれば、当然のことながら、パラダイム転換が起きやすくなる。

 

受容の力がついてくるから。

 

だから。

 

アウトプットは、どんどん、したほうがいい。

 

それが、成長と変化のために必要なこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です