雲の初日の出~1年かけて雲を取り払おう

初日の出

2020年の初日の出は、雲に覆われて、サッパリ見えませんでした。

でも、それがなぜか象徴的で。

この雲を、一年かけて取り払おう、と決意。

初日の出

母に愛されなかった幼少時代

「娘がかわいくない」

「息子のほうがかわいい」

 

母は、はっきりと言っていました。

私は、母には愛されなかったのです。

 

いや、今思うと、必死で愛そうとしてくれてたと思います。

たくさんの努力はしてくれていました。

 

でも、「自分は愛されない存在」というのが強力に根付いてしまい、今でも、もがく。

 

おまけに、一つ年上の兄からの嫉妬攻撃も激しくて。

(ちやほやされる女の子がいきなり出現したから)

 

自分がいると、みんなから嫉妬され、うとまれ、嫌われるのだな、と。

自分の心が浄化できてないだけ

今の兄は、とても優しい。

今の母は、私がさんざん音信不通にしたため、気を遣ってくれる。

それでも、まだまだ、私の気持ちは浄化しない。

ずいぶん長い間、暴言を浴び続けてきたから。

 

でも、ようやく明るくなった今、少しずつ、取り組んでみよう、と。

私の心の中の雲を、取り払おう

初日の出は、兄夫婦と、母と。

とってもぎこちない雰囲気。

 

この雲は、取り払おう。

ただし、雲が晴れたその奥に、どんな空が広がっているのかは、私にはわからない。

感謝なのか愛情なのか、はたまた見切りなのか。

それは、私には、わからないこと。

初日の出

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です